今世界が大注目!日本の「和傘」が幻想的で素敵すぎるッ!

エンタメ

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

日本の代表的な「和物」と呼ばれるものは、一時陰りを見せたものの海外で火が付き、逆輸入されるかのように日本でも注目を集めています。
今回はそんな中でも「和傘」に注目です。

和傘の起源

出典:http://kanazawa.areablog.jp

傘は元々中国から伝わったものです。
今から約1,500年前に日傘として持ち込まれたそうですが、その後日本で独自の進化を経て、今の和傘になったと言われています。
途中、室町時代には鷲に油を塗ることで撥水性を高め、雨傘にしたり、骨組みを工夫して開閉式にするなど、日本の傘技術は進化していきました。

世界が和傘に大注目!

無題出典:http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com

京都の舞妓さんですね。
雨が降る中、舞妓さんが和傘を差して移動する様子を外国人観光客が見て、その美しさに心奪われたというものです。
確かに、都会の中ではなかなかお目にかかれない和傘ですが、よく見てみると同じデザインのものを何本も連発で見かけることはありませんよね。

無題出典:http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com

出典:http://www.kyoto-sweets.net

雨が降って傘を差すという光景は日常的なものですが、着物と和傘のコラボは、日本人の私たちでも心惹かれるものがあります。
それが伝統的な街並みを残す京都で、しかも外国人観光客となると、その光景はまさに幻想的な美しさだと言えます。

多くの旅行者が雨天であることを残念がる中で、一部の外国人からが「雨の京都こそ一見の価値がある」とまで言わしめたというエピソードには驚きです。でも気持ち分かりますよね。

日傘としても素敵

出典:http://photo1.ganref.jp

海外では日傘を使うのは年配者というイメージなのだそうです。
若い人たちの多くは日焼け止めクリームを塗るからなんだそうですが、日本では海外に比べると日傘は一般的なアイテムですよね。
これが当然日傘となると、また違った趣を感じさせてくれます。

出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

男性が使っても素敵

無題出典:http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com

雪の中の神職の男性、本当に素敵です。
ただ、やはり雰囲気を大切にするためには、和服が鉄板なのかもしれませんね。

海外の人の反応

出典:https://itmama.jp

「こんなに印象的な傘は始めて見た」(フランス)
「あの傘を差せば、雨の日が芸術に変わる」(フランス)
「エレガントという言葉の代名詞のような光景じゃないか」(スイス)
「日本は伝統的な衣装が日常的になってるのがいいよね」(ロシア)
「雨が待ち遠しくなってしまいそうね」(イタリア)
「色んな形や色の日本の傘をコレクションしたい」(ブラジル)
「綺麗。素晴らしく日本的だし、鮮やかさの中に繊細さがある」(オランダ)

文化がまったく異なる外国の人たちにここまで認められると、とても嬉しいですね。
ただ、中には「素敵なんだけど大きすぎる」という声もいくつか見られました。
確かに、和傘って大きなイメージがありますよね。

和傘の進化

出典:http://shonanwagasa.com
こちらは「和傘ランプシェード」です。
電灯のかさに和傘の骨組みを利用したものだそうです。
温かみのある光が心を癒してくれそうです。

しかし、最近はビルトインタイプの照明も多いですよね。
「ウチの照明には使えないよ」とお嘆きのあなた、大丈夫です。

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp

こちらは「和傘あんどん」です。
お部屋のインテリアとしてもオシャレですし、ライトアップしても幻想的なムードを創り出してくれます。
この「和傘あんどん」は大きさのバリエーションが豊富なので、お土産・お取り寄せとしても人気具が高まっています。
特に、ネットが整備された現代では、海外からの注文も多く、一時は生産が追いつかなかったほどだとのことです。

 

いかがでしたか?
日本が世界に誇る和傘は、和傘そのものも洗練されていますが、現代風に姿を変えながら多くの人々に愛されています。
和のものであることは間違いありませんが、洋とも相性が抜群の「和傘」
あなたも1つ手にとってみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事