命の尊さをあらためて実感する「透明なゆりかご」が人気

エンタメ, ライフスタイル, 妊娠


詳細はこちら
今、じわじわと人気コミックになっている「透明なゆりかご」をご存知ですか?産婦人科でのリアルな現実を、看護師見習いである主人公の目を通し、1話完結で描かれています。

そんな話題コミック「透明なゆりかご」をご紹介します。

「透明なゆりかご」ってどんなマンガ?

006 (1)
出典:http://news.mynavi.jp
主人公は看護師見習いの「×華」。彼女は産婦人科で働いています。命が誕生する場所でもある産婦人科は、命が亡くなる場所になることもあります。そんな産婦人科での出来事や、×華自身のストーリを絡め×華の目を通し、今の社会で生きる私たちも考えさせられるストーリーが展開して行きます。

「透明なゆりかご」の作者は「沖田×華」さん。主人公の×華とは、実は作者である×華さん自身なのです。この物語のストーリーは、実際に沖田×華さんが経験したことを基に描かれているのです。

沖田×華さんは、自身がアスペルガー症候群であることを公表していることでも知られている女性で、波乱万丈の人生を送ってきた方でもあります。彼女の人生を描いた漫画もあるので、あわせてそちらも読んでみてください。

お話の中で×華さんが、自分自身を隠すことなく語ることでこの物語がより現実的になり、みなの共感を得ているのではないでしょうか。

単行本は現在4巻が発売中

22ac74b875928043e8884487693adbb96fcc48a0.43.1.25.2 (1)
出典:http://rakuma.rakuten.co.jp
雑誌「ハツキス」で連載されている「透明なゆりかご」ですが、読めるのは雑誌だけではなく、現在単行本も4巻まで発売されています。4巻は10月に発売されたばかりなので5巻発売までまだ少し時間がありそうですが、本屋さんなどで手にしたときは、ぜひ購入して読んでみてください。

「透明なゆりかご」を読んだみんなの感想


学校の授業やテレビの情報番組では知ることがない現実が、実際にこの世の中にはあるのですよね。目を伏せてしまいたくなることが、実際に起こっている、それを知ることは同じ日本で暮らす私たちには大切なことなのかもしれません。


子どもを産んで育てる、それがいかに奇跡なのか、そんなこと忘れてしまいがちです。この漫画は、そんなことを思い起こさせてくれるきっかけになるのかもしれませんね。

我が子がより愛おしくなる


愛する我が子を愛しながら暮らして行けることは、どれほど幸せなことなのか。それを子育てに追われる日々で忘れてしまいがちなパパやママ、これから赤ちゃんを産んで育てて行く妊婦さんや妊娠希望の方々、大人になった私たちにとって、とても大切なことが描かれている「透明なゆりかご」。

見たくない現実もたくさん描かれているので、読むには勇気が必要かもしれません。でも少しでも興味があるのでしたら、ぜひ読んでみてください。

きっと読んだ後に、モヤモヤした気持ちだけではなく、あたたかなものが残ると思います。

漫画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事