室内に”虹”が出現!世界を虜にした「虹アート」が本物を超える美しさ!

エンタメ

出典:http://pic.prepics-cdn.com

光が作り出す幻想的な自然現象「虹」
老若男女問わず、美しい虹を見つけたら自然と笑顔になりませんか?
そんな虹を自在に作り出すアーティストがいるんです。

当然、雨なんて降っていません。むしろ室内で虹を見ることができます。
うっすら見えるものではなくはっきりと美しいグラデーションを見せてくれるのです。

ガブリエル・ドー

出典:http://jpimg.allhaving.com

ここはアメリカのトレド美術館です。
オハイオ州にあるこの美術館でガブリエルさんの作品を見ることができます。
まずは現在展示されている作品をご覧ください。

出典:https://ssl-stat.amebame.com

いかがですか?
はっきりと美しい虹が現れています。
この作品は「Plexus No.35」と言います。
角度を変えて見ると、また新しい美しさに出会うことができます。

出典:http://i.dailymail.co.uk

出典:http://scontent.cdninstagram.com

この虹のアートは「糸」で作り出されたものだそうです。
光を跳ね返す特殊な悪口がされた糸を無数に張り巡らせて虹を作り出しています。

光の反射

出典:http://sciencewindow.jst.go.jp

光には様々な色の素が含まれています。
同時に光には波長というものがあり、弱いと”紫”、強いと”赤”として認識できます。
(ちなみに、紫よりも弱い波長を”紫外線”、赤よりも強い波長を”赤外線”といいます)

基本的に光は物体に吸収されますが、反射した色だけが目に入ってくるので色として認識できるという仕組みです。
ガブリエルさんはそれぞれの糸が反射する色を巧みに使い分け、美しい虹を再現しているのです。

Plexus No.1

_2010-04-06_009_PLEXUS-1出典:http://www.gabrieldawe.com

やはり何事も原点が重要なので記念すべき1作目を載せておきます。
色を反射する糸を張るという技法は同じですが、最新作とはだいぶ完成度が違うようですね。

Plexus No.3

_2010-10-22_GA_MG_8769出典:http://www.gabrieldawe.com

Plexus No.5

_2011-07-12_Gabriel_dawe_TXBi_300-1-2出典:http://www.gabrieldawe.com

この辺りから色のグラデーションを利用して、様々な形を表現するようになっていきます。

Plexus No.9

_2011-09-24_PEEL-09-2011-23_b出典:http://www.gabrieldawe.com

虹が噴水のように地面から吹き出しているように見えます。

Plexus No.19

_RSS0835_LR出典:http://www.gabrieldawe.com

建物の吹き抜けを利用しています。
まるで吹き抜けに光が入って虹ができたみたいですね。

Plexus No.21

_W_PLEXUS-21_001-mr出典:http://www.gabrieldawe.com

ガブリエル作品としては珍しい水平に張った横糸をひねっています。

Plexus No.24

_W_PLEXUS-24_PA311464出典:http://www.gabrieldawe.com

このあたりから糸の本数が大幅に増えていきます。
そのためグラデーションがより鮮明になっていきます。

Plexus No.29

_W_16-11-23_P1100867出典:http://www.gabrieldawe.com

天井から見事な虹が差し込んでいます。
近くで見てもこのグラデーションの濃さは圧巻です。

Plexus No.31

_W_16-11-24_PLEXUS-31_P9081196出典:http://www.gabrieldawe.com

虹が反射しています。
虹というよりはレーザービームみたいですね。

いかがでしたか?
ガブリエルさんの糸を使った虹アートは本当に美しいものばかりでしたね。
しかも、ガブリエルさんの使っている糸は、特殊な加工を施したものですが、一般でも手に入れることができるものだそうです。
手先の器用な方はぜひチャレンジしてみてください。

なお、今回最初にご紹介した最新作「Plexus No.35」は来年の1月22日まで展示しているそうです。
アメリカではありますが、予定のある方は足を運んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事