あなたもやっちゃってるかも!?意外と知らない正しい家電の使い方4つ

エンタメ

出典:http://bier-paradies.com

現代の私たちになくてはならない「家電」ですが、ここで質問!
「みなさん、家電を正しい使い方をしていますか?」

正しく使わなければ、家電本来の能力が発揮されない可能性もありますが、少なくとも家電が故障しやすくなってしまう可能性は高まります。
便利な家電を大切に、長く使っていくために正しい使い方を勉強していきましょう。

掃除機

掃除機のコードを引き出すと”黄色”と”赤色”の印しが出てきます。
この色って信号機の色に似てますよね?
そのため、「黄色は注意、赤色は停止」を示していると思い、黄色の印しを出さないようにしながら掃除機を大切に使っている方・・・しっかりと勉強しましょう。

黄色は「ここまでコードを出しましょう」の意味で、引っぱらずに掃除機を使うと発熱の危険がある

出典:http://rocketnews24.com

そうなんです。どんな近場を掃除するときでも、基本的に黄色の印しまでは引き出しておくことが正しい使い方なんだそうです。
ちなみに、赤色はみなさんのイメージ通り「これ以上はダメ」という停止を意味するのだそうです。
それを無視して引き出しすぎると、コードが巻き取れなくなる可能性が出てきます。

冷蔵庫の製氷機

出典:https://rr.img.naver.jp

最近の冷蔵庫にはほとんど付いている「自動製氷機能」
作った氷は体内に入るものなので、安全な水で作りたいと考える人が多いようです。
加えて、最近の飲用の水はミネラルウォーターを利用している人が増えています。
そこで、このミネラルウォーターを自動製氷機に入れている方・・・しっかりと勉強しましょう。

水道水以外を使用した場合は、水が塩素殺菌されていないため、給水タンクや浄水フィルタに雑菌が繁殖しやすくなります。

硬度が高いミネラルウォーターで氷を作ると、製氷機にミネラルが結晶化し、故障につながることがあります。

出典:https://medicil.jp

なんと言うことでしょう。水道水よりもミネラルウォーターの方がいいと思ってしたことが故障の原因だったなんて・・・
実際水道水消毒に使用されている”塩素”が重要だったんですね。

ちなみに、昔ながらの製氷器ならミネラルウォーターも問題ないそうです。
出典:http://sterling.mery.jp

このタイプが最強のようです・・・

電子レンジ

出典:https://www.tainavi-switch.com

ちょっとしたものを温めるのに便利な電子レンジ。
ただ、何でもかんでも温めていませんか?
特に気を付けなければならないものは「液体」です。

液体が沸点に達しているにもかかわらず、ブクブクと泡が立つ「沸騰状態」にはならずに「過熱状態」に

出典:http://www.sankei.com

つまり、見た目は何も変化していない状態なので、気を付けずに口を付けてしまうとヤケドをしてしまう可能性があります。
特にシチューやスープなどとろっとしたメニューは要注意です。

みそ汁やとろみがある食品は、鍋の中に温度差が生じ、突沸が発生することがあります。

出典:http://www.kokusen.go.jp

ちょっとした条件で、加熱中や加熱後に液体が急に沸騰して吹き上がる

出典:http://www.tenki.jp

これは一種の爆発のようなものなので非常に危険です。
電子レンジ内でも危険ですが、机の上で飛び散って目に飛び込んでしまうと失明の危険もあるわけで重々気を付けなければなりません。

洗濯乾燥機

出典:https://www.drwallet.jp

洗濯をして、そのまま乾燥をする・・・特に変わったこともなく当たり前のことですよね。
でもこの洗濯物にアロマオイルなどが残っていると問題があるのだそうです。

洗濯物に残っていたオイル(アロマオイル等)が酸化反応を起こして発熱し、自然発火し乾燥機が焼けてしまうという火災事故が発生

出典:http://www.saisei119.jp

な、なんと「火事」になってしまうんだそうです。
しかし、本当にそんな事故が起こるのでしょうか。

’06年度から’10年度の5年間にそうした事故が全国で161件発生している

出典:https://matome.naver.jp

1年に30件以上の事故(火事)が発生しているようです。
これは人事ではありません・・・

実は油分をしっかり取らずに乾燥させると、発熱源を残したまま水分が飛ばされるので急激に温度が高まり、火災につながってしまう可能性があるんだそうです。

 

いかがでしたか?
今回で初めて知ってしまった「家電の正しい使い方」に愕然とした方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、中には大きな事件や事故につながる間違った使い方もあるようです。
今日を機に、正しい家電の使い方を身に付けていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事