発達障害を知ろう!発達障害に悩む全ての人に捧げる4冊の本

ライフスタイル

発達障害とは?

love-826936_960_720

発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。

出典http://www.mhlw.go.jp

発達障害は、生まれつきの特性であり、決して育児や環境の問題ではありません。

発達障害児を持つ母親が、「自分のせいではないか?」と悩むのは、間違っています。

問題を本人や家族に押し付けるのではなく、社会全体が理解し、サポートしていくのが理想です。

発達障害には様々なタイプがある

発達障害はいくつかのタイプに分類されており、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害などが含まれます。

出典http://www.mhlw.go.jp

発達障害といっても、その症状には様々なものがあり、すべてに共通することが、生まれつき脳の一部に障害があるということです。

同じ人にいくつもの症状があることもあり、同じ発達障害の人でも、症状の現れ方は、個人差が大きくなります。

以下に、代表的な3つの障害を紹介していきましょう。

自閉症スペクトラム障害

典型的には、相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏り(こだわり)の3つの特徴が現れます。

出典http://www.mhlw.go.jp

注意欠如・多動性障害(ADHD)

発達年齢に見合わない多動‐衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が、7歳までに現れます。

出典http://www.mhlw.go.jp

学習障害(LD)

全般的な知的発達には問題がないのに、読む、書く、計算するなど特定の事柄のみがとりわけ難しい状態をいいます。

出典http://www.mhlw.go.jp

発達障害とされる著名人

著名な人物の中にも発達障害と自認していたり、一般的に発達障害とされている人もいます。

トーマス・エジソン (発明家、経営者)
ジョン・F・ケネディ (アメリカ合衆国大統領)
ウォルト・ディズニー (アニメ監督)
アルバート・アインシュタイン (科学者)
ビル・ゲイツ (経営者)
スティーブ・ジョブズ (経営者)
スティーブン・スピルバーグ (映画監督)
トム・クルーズ (映画俳優)
マイケル・フェルプス (水泳選手)
スーザン・ボイル (歌手)
山下清 (画家)
栗原類 (モデル)

出典https://ja.wikipedia.org

そうそうたる顔ぶれに、驚いてしまいました。

栗原類の「発達障害の僕が輝ける場所を見つけた」


詳細はこちら

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。同じ障害がありながら、いつも僕を信じて導いてくれた母。そしてアメリカの「発達障害」に対するおおらかな環境と、学んだ英語が自信を持たせてくれたこと。されて嫌なことを人にはしないと決めた、人として愛される生き方など。ADDの特徴である衝動性を抑え、苦手なコミュ力を克服し、モデル・タレント・役者として歩んできたこれまでの道のりを語る。

出典https://www.amazon.co.jp

東田直樹の「自閉症の僕が跳びはねる理由」


詳細はこちら

人との会話が困難で気持ちを伝えることができない自閉症者の心の声を、著者が13歳の時に記した本書。障害を個性に変えて生きる純粋でひたむきな言葉は、当事者や家族だけでなく、海をも越えて人々に希望と感動をもたらした。世界的ベストセラーとなり、NHKドキュメンタリー「君が僕の息子について教えてくれたこと」でも放映された話題作。

出典https://www.amazon.co.jp

ニキ・リンコの「俺ルール!―自閉は急に止まれない」


詳細はこちら

自閉っ子のフシギな振舞いにはリッパな理由があった!自閉脳の奥深さに迫る爆笑エッセイ

出典https://www.amazon.co.jp

どんなに詳しい専門書を読んでも、なかなかわからなかった、自閉症の人の「考えの違い」「感覚の違い」「生きにくさ」が、いわゆる【腑に落ちる】形で、ストン・ストンと理解できます。

出典https://www.amazon.co.jp

山元おさむの「どんぐりの家」


詳細はこちら

知的障害と聴覚障害という二重の障害を持って生まれた圭子。両親は悩みながらも圭子とともに強く明るく生きていく。絶賛を呼んだ感動作。

出典https://www.amazon.co.jp

マンガの持つインパクトはすごい、と思わずにはいられない一冊。実際に障害者の家族と関係者が立ち上げた、共同作業所の設立までの道のりを丁寧に描いている。障害を持って生まれた子供の日常、親の気持ち、社会の偏見がへんに力まず描かれ、「人間とは?」「幸せとは?」と考えずにはいられなくなる。

出典https://www.amazon.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事