最近の絵本はちょっとシュール!大人が読んでも面白い絵本6選

エンタメ, ライフスタイル

絵本といえば、子ども向けで子どもと親のコミュニケーションのツールとして人気があります。内容はどうぶつが主人公のもの、冒険もの、ほんわか系などいろんな種類がありますが、今シュールな絵本が人気となっています。

☆面白くて読み聞かせができない!シュールな絵本まとめ

1)もうぬげない

61JtbGhYauL
詳細はこちら

「もうぬげない」はヨシタケシンスケ先生作の絵本です。
ふくがひっかかってぬげなくなって、このままぬげなくなったらどうなるんだろうというお話。ユーモアがあってとても楽しい作品です。

【amazonでのレビュー】

スクリーンショット (6)
出典:https://www.amazon.co.jp

2)ぼくのにゃんた

61qvW21NlBL
詳細はこちら

「ぼくのにゃんた」は鈴木康広先生作のユーモラスでやさしくてせつない少年とねこのお話です。
にゃんたがおいしい「バニャニャ」や「ドーニャツ」になったり、お父さんの「ネコタイ」になったりダジャレが満載。
今年の10月に発売されたばかりの絵本でだれもがゆるすぎる猫のとりこになること間違いなしです。

【amazonでのレビュー】

スクリーンショット (7)
出典:https://www.amazon.co.jp

3)どこいったん

813UN0HaXZL
詳細はこちら

「どこいったん」はジョン・クラッセン作、長谷川義史翻訳の絵本です。実は2011年に発売した絵本です。
くまが大事な帽子を探すお話です。関西弁で油断させて結末に余韻が残り、子どもの反応が楽しみな絵本です。

【amazonでのレビュー】

スクリーンショット (9)
出典:https://www.amazon.co.jp

4)うんこダスマン

61TX0B73YJL
詳細はこちら

「うんこダスマン」は村上八千代著、せべまさゆき絵の絵本です。
毎日の生活と排泄はとても密接で、生活習慣を見直すことで、身体もうんこももっと健康になれます。
元気にうんこをだせる絵本として人気です。
トイレトレーニングの教材としても人気のある1冊です。

【amazonでのレビュー】

スクリーンショット (10)
出典:https://www.amazon.co.jp

5)パンダ銭湯

71LrQ98+H-L
詳細はこちら

「パンダ銭湯」は亀山達矢さんと中川敦子さんのご夫婦ユニットである「tupera tupera」が描いた絵本です。

動物園の人気者であるパンダ。そんな彼らには秘密があります。それはなんと銭湯!パンダたちが銭湯で一体何をしているのかが描いてある1冊。読んだら衝撃を受けること間違いなしな1冊です。

【amazonでのレビュー】

スクリーンショット (11)
出典:https://www.amazon.co.jp

6)いちにちシリーズ

51X7reLGgbL
詳細はこちら

いちにちシリーズはふくべあきひろ作、かわしまななえ絵のシリーズものです。「いちにちのりもの」や「いちにちむかしばなし」「いちにちこんちゅう」「いちにちおばけ」「いちにちおもちゃ」「いちにちぶんぼうぐ」といったシリーズとなっています。

それぞれの絵本に出てくる主人公の男の子が文字通りなりきるお話です。

【amazonでのレビュー】
※今回は「いちにちのりもの」のものです。

スクリーンショット (12)
出典:https://www.amazon.co.jp

☆シュールな絵本でおもいっきり笑って

シュールな絵本はどれも面白いものばかりです。ぜひお子さんと読んで一緒に大笑いしてみてはいかがですか?
もちろん大人が読んでも面白いのでとってもおススメですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル」カテゴリの人気記事