「青森方言VS滑舌悪い芸人」聴き取りにくいラップ対決がカオスだった

エンタメ

出典:http://www.pref.aomori.lg.jp

地方にはたくさんの方言があります。
一般的に方言は、温かみがあるということで高評価なのです。
特に博多弁や京都弁などを女性が使うと、女性らしさが際立つとして全国的に人気です。

一方でできれば使いたくないと思われている方言もあります。
その一つが青森の方言なのですが、青森県はあえて方言に真っ向勝負を挑んだのです!

青森県の方言

出典:http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp

青森県を方言で分けると、大きく3つの地域に分けることができます。
それが「津軽弁」「南部弁」「下北弁」です。
昔から北国の方言はあまり口を開かないで発音することが多いため、聴き取りにくいと言われていますが、その中でも「津軽弁」「南部弁」は特に聴き取りにくいのだそうです。

失礼ながらその方言は決して若者が憧れるものでもないようです。
評価の低い方言は田舎を強調するだけで、大きなプラスをもたらさないとされてきました。
そこに青森県は真っ向勝負を挑んだ「関西圏向けの観光PR動画」を作成・公開したのです。

「ディス(り)カバリー青森」

rinngo出典:https://www.youtube.com
青森県が作成したPR動画は、大阪のカップルの会話から始まります。
青森県のパンフレットを手に、「ないわ~」と否定的。
すると軽快なラップのリズムと共に、この写真のようなりんご農家の人が登場します。
ちなみにこの女性が言っている「なひゃ青森に来ねえんずよ?」は「何で青森に来ないの?」と聞いてきているのです。
やっぱり青森県の方言は聴き取りにくいですね。

すると、関西を代表してあの人が・・・
無題出典:https://www.youtube.com

えーと、「しぇやかてりんごとねぶただけ」・・・
滑舌悪い芸人の諸見里師匠の登場です。
ねぶたとりんごだけなら、わざわざ青森県に行く必要はない、というわけです。

青森県はねぶたとりんごだけじゃない!

無題出典:https://www.youtube.com

この男性はホタテ漁師さんです。
青森県は海の幸も豊富なんですね。
さらに・・・

fz出典:https://www.youtube.com

お次は女子高生ですね。
どうやら青森県の人がどんなものを好んでたべているのかを紹介しているみたいですね。
りんごだけじゃないんだぞって・・・
そういえば大阪だって食べるものと言えば・・・

wer出典:https://www.youtube.com

諸見里師匠が言っています。
「たこ焼きばかりじゃない」って。
でもパーカーの色がたこ焼きっぽい・・・さすが師匠。

 

いかがでしたか?
青森方言VS関西代表:諸見里師匠の「聴き取りづらいラップ対決」
どちらも負けないくらい聴き取りにくいですね。
しかし、それをあえてウリにしてしまった青森県。
これは拍手を送るしかありません。

最後に実際のラップ動画をどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事