りぼん黄金期のアラサーが集めた付録7選

エンタメ

『天使なんかじゃない』や『ときめきトゥナイト』、『姫ちゃんのリボン』や『赤ずきんチャチャ』、

『この手を離せない』や『お父さんは心配性』・・・そんな数々の名作を生み出した1990年代は、少女漫画雑誌『りぼん』の黄金時代と言われています。

そんなりぼん黄金時代にりぼんっ子だった現在のアラサー女子が大切に集めたであろう、懐かしいりぼんの付録をご紹介します!

1.『トランプ』

image
出典:http://girlschannel.net

定期的に付録となっていたトランプ。その数がどんどん増えていっていたりぼんっ子も多いのでは?

好きなキャラクターを手元に置いておきたくて、七並べが中々進められなかった思い出がある人もいるのではないでしょうか。

2.『シール』

image
出典:http://matome.naver.jp

いくつになってもなぜか心がときめいてしまうシール。もったいなくて、使わずにそのまま取っておいた人も多いのではないでしょうか。

3.『レターセット』

image
出典:http://matome.naver.jp

便箋と封筒がついたレターセット。それらを入れるケースがついている場合も多く、重宝されました。

しかし実際にこれらで手紙を出すのはどこか気恥ずかしさもあり、コレクションとして置いているだけだったという人もいるでしょう。

4.『お雛様』

image
出典:http://girlschannel.net

お雛様やクリスマスツリーなど、季節に合わせた組み立て式の飾りもありました。

イベントが終わった後、捨ててしまうべきか大事に取っておくべきか、悩んだりぼんっ子も少なくないことでしょう。

5.『カレンダー』

image
出典:http://www.suruga-ya.jp

一年に一度付録になっていたカレンダー。自分の誕生月の絵が好きな作品だと運命的なものを感じ、ページをめくるのを心待ちにしていたものです。

6.『サブバッグ』

image
出典:http://moonrose7.blog.fc2.com

ビニールや紙で出来たサブバッグ。しかし、今でこそサブバッグは多くの女性にとって必須アイテムですが、サブバッグを持つという習慣がない小学生たちにとっては、どうしたらいいのかわからない付録の一つだったかもしれません。

7.『箱』

image
出典:http://moonrose7.blog.fc2.com

『どうしたらいいのかわからない付録』といえば、こちらもその一つ。箱。

組み立てては見るものの、実際に小物入れにするには強度もさほど強くないので、しばらくお菓子などを入れる箱にした後、捨ててしまったという、物悲しい思い出を持つりぼんっ子も決して少なくないはずです。

いかがでしたでしょうか。

あの頃、りぼんっ子だったアラサー女子をわくわくさせてくれた付録たち。

成長と共にどこかに行ってしまい、「今も持っていたらよかったなぁ」と残念に思うものもあることでしょう。

今も手元にあるという人は思い出と共にぜひ大切にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事