2年間ほったらかしの空気清浄機を開けると衝撃の展開が待っていた!

エンタメ

出典:http://googirl.jp

みなさんの家に「空気清浄機」はありますか?
私たちは日頃から目に見えない花粉やPM2.5などに対する意識を高めています。
それは外出中のマスクに留まらず、清潔(?)にしているはずの部屋でも空気清浄機を導入している人が増えているんです。
今回はそんな空気清浄機が巻き起こしたとんでもないエピソードです。

最新空気清浄機

022bc183-4629-45f0-9242-2c2c91d4ee90出典:https://kaumo.jp

こちらはSHARPの空気清浄機です。
高濃度プラズマクラスター7000が搭載され、ホコリセンサーが最高感度になったのだとか。
ホコリや花粉などの大きなものはもちろん、PM2.5のような微小なものも確実に除去する優れものだそうです。
さらにきれいな水を補充しておけば、加湿までしてくれるという一石何鳥もできてしまう強い味方なのです。

ご注意ください!

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

今回ご紹介するのはtwitterユーザーの「アーサン」さんです。
彼も空気清浄機を使いながら快適に過ごしていた人なのですが、なんと2年ぶりに空気清浄機のフィルター清掃をしようと決意したようです。

約2年間一切開けなかった空気清浄機のフィルター部分、いざ開けてみるとそこには衝撃の事実が待ち構えていたのです。

ちょっと待て待て待て

お分かりですか?
アーサンさんの空気清浄機を開けると、そこにはビニールに包まれた新品同様のフィルターがひょっこり顔を出したのです。

つまり、これまでの2年間はフィルターとして機能していなかったということに!
最近の空気清浄機は省エネタイプだとはいえ、2年間毎日使用していたとなれば相当な電力を消費しているのではないでしょうか。

このツイートに他のみなさんの反応は?

まさかの同じ被害を受けた2人目が現れた模様です。
と思ったら・・・

続々と被害者が・・・
いや、むしろ今回の一件で気付いたわけですから、救われたとでも言うべきでしょうか。
ちなみに、アーサンさんのツイートにSHARPの公式アカウントからもお返事が・・・

結構あるんですね・・・何とかならないものでしょうか。
SHARPも頻繁に注意喚起をしているみたいですよ。

健気なフィルターって・・・SHARPの愛情が込められていますね。

いかがでしたか?
空気清浄機って開封してコンセントにつなぐだけではダメなんですね。もしかするとみなさんも家にある空気清浄機も同じようなことになっていませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事