「助けてください!」お店がやってしまった誤発注の悲劇6つ

エンタメ

出典:http://s.eximg.jp
みなさんは仕事でミスをしたことはありますか?
ミスには大小があり、自分で処理のできる大したことのないミスもあれな、会社が傾くかもしれない巨大なミスもあります。

今回ご紹介するのは「コンビニのミス」です。
まあ、分かりやすく言えば「誤発注」ですね。
そういうミスをしてしまった場合、コンビニはどんな手段に出るのか分かりますか?
そう、大安売りです!

ケース1「プリン」

まさかのプリン誤発注です。
正しくは何個発注だったんでしょうか。
もし「88個」ならこれは大変なことです。
というわけでの割引サービスが始まったようです。
ちなみに現在は無事完売したそうですよ。

ケース2:ふ菓子

たまに食べたくなるおいしいお菓子「ふ菓子」
正しくは2ケースのところ、なんと10倍の20ケースらしいです。
この山積みは圧巻ですね。
これ売れたんでしょうか。

ケース3:ジュース

正しくはジュース6本だったそうですが、何がどうなって816本なんでしょうか。
値下げしたとはいえ、これが売り切れたんだからスゴイとしか言いようがありませんね。
お店の方もホッとしたことでしょう。

ケース4:コアラのマーチ

出典:https://rr.img.naver.jp

これは誤発注かどうかは定かではないのですが、この量は異常ですね。
コアラのマーチはおいしいからいいんですが、これを完売するのは時間がかかるでしょう。

ケース5:コーヒー牛乳

出典:https://rr.img.naver.jp

この写真だけを見ると違和感がありませんが、ポップに「大量入荷してしまいました」とあるので、後悔していらっしゃる様子。
賞味期限は不明ですが、半額シールが棚に貼られていることから考えて、誤発注をしてしまったようです。
とりあえず、冷やされているようで安心しました。

ケース6:食パン

出典:http://twicolle.com

これも誤発注です。
何より商品のことよりも、まず目に飛び込んでくるのは「HELP」の4文字です。
誤発注の割引商品を買うということは「人助け」をするのと同義なんですね。

 

いかがでしたか?
誰しもミスはするものですが、なかなか豪快なものが多かったですね。
ただ、大手コンビニなどでは通常とは異なる大型発注が申し込まれた場合はアラームが鳴るなどの警告をして誤発注を防ぐ取り組みをしているそうです。
つまり、中には「計画的誤発注」をしているところもいるみたいですよ。

何はともあれ、消費者からするとおもしろネタにもなるし、安く買えるので良いことづくしですけどね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事