妊娠中は正しい体重管理を!無理なダイエットはダメ××

妊娠

pregnant01

出典:http://www.kanamorisika.com

妊娠中はやたらお腹が空いたり、動くのが億劫になってゴロゴロ過ごしてしまうと、あっという間に体重が増えてしまいますね。

「子供の分と2人分♡」なんて呑気にしていたら、出産の時に大変な思いをしてしまうかもしれません。

かといって、妊娠中の無理なダイエットは禁物ですよ!

妊娠中の理想体重

large_1000233_2
出典:https://4yuuu.com

BMIが18.5未満痩せ気味の人で10~12kg

BMIが18.5~25未満標準体型の人で 7~10kg

BMIが25以上太り気味な人で 5~7kg

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送ることや、産後の授乳のために備えて脂肪を蓄えるようになります。その他、子宮や乳房が大きくなったり、血液や羊水の増加、胎盤など、赤ちゃんの成長によって体重増加に繋がります。

それらの増加で少なくとも7kgはあって、さらに赤ちゃんを育てていくために必要な脂肪がそれぞれの体型によって増えていくことになります。

理想の体重増加量はどのくらい?

妊娠初期
初期はつわりがある人が多く、それほど体重増加はみられません。逆に減ってしまう人もいるくらいで、子宮や赤ちゃんの大きさもまだ小さいので体重の変化はほとんどないでしょう。体重の増加は2kg未満に抑えたいところです。

妊娠中期
この頃からつわりが落ち着いて体重管理が大切になる時期です。乳腺が発達し始め、脂肪を蓄えやすくなります。また、子宮の増大や羊水が増えてきたりと、徐々に体重が増え始めますので、食欲が増す時期ではありますが、1ヶ月間の体重増加は1.5~2kg未満に抑えましょう。

妊娠後期
後期となると、お腹が大きくなるため動きにくくなります。また、この頃の赤ちゃんはとても成長していきますので、羊水や血液が一番多くなることに加えて赤ちゃんの体重も増加し、母体の体重が増えやすくなります。1週間で500gを超えないように体重管理することが大事です。

体重は増えすぎても減りすぎてもダメ!

2015y03m05d_181257382
出典:http://kawaiku-ikumama.com

妊娠中に体重が増えすぎると様々なトラブルが起きやすくなります。
・妊娠糖尿病
・妊娠高血圧症候群
・分娩遷延 など

反対に減りすぎてもトラブルがあります。
・貧血
・低体重児 など

どちらもママ自身はもちろん、赤ちゃんの成長にも影響しかねません。

妊娠中は特にバランスの良い食事と適度な運動を

aya052
出典:http://aya-beautiful.jp

妊娠中に限らず心がけたいことではありますが、特に妊婦はビタミン、カルシウムなど妊娠時期に見合った必要量を摂取していくことが大切です。
できるだけたくさんの食材から栄養をとり、バランスよく食べましょう。
つわりが落ち着くと食欲が増すので、間食がしたくなったらドライフルーツやおからクッキーなど低カロリーで腹持ちの良いおやつにするといいですよ。

お腹が大きくなると動くのが大変になるので、ついつい運動不足になってしまいます。
適度な運動は気分転換にもなりますし、出産にむけた体力をつける意味でもおすすめです。

1b04e3878a3f5efe3cf9a826c75828c8
出典:http://mygo.jp

私自身、どんどん大きくなるお腹に気持ちがついていかず、出産に対する不安で押しつぶされそうになったことがありました。そんな時は近所をゆっくり散歩してみました。毎日道を変えてみたりすると近所なのに色んな発見があって面白かったです♪気分も晴れて、よし!!という気持ちになり、とてもいい運動にもなりました。
家でストレッチやマタニティヨガなんてものも試していましたよ。おかげで?とってもスピード安産でした。

妊娠中の体重管理はあまり神経質になりすぎるとストレスになってしまうので、バランスのとれた食事と体を動かす事で解消していくといいと思います。
まずはママが健康的に過ごして、楽しいマタニティライフを送ってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事