あなたは大丈夫? これらに当てはまったら、じわじわ押し寄せる若年性健忘症の恐怖

ライフスタイル

最近会話の中で、つい「ほらあれ!」「あの人なんだっけ~」ばかり言うようになってきた。

そんな事が増えていませんか?

もしかしたらその原因は『若年性健忘症』かもしれませんよ。

若い人の物忘れが増えている?

a86a7a05999e3deb5cab8d538b3b9dbb_s
出典:https://www.photo-ac.com

人と話していて物の名前が出てこない、芸能人の名前が思い出せない、頭の中でイメージや顔・形ははっきりわかるのに!

ああ、イライラする~!

こんなことって、日常生活の中では良くあることですよね。

ちょっとした物忘れなんて誰にでもあるし、ある程度の年齢になると脳の老化が始まるというのは、仕方がないことなのかもしれません。

でも最近では、20代や30代の若い世代にこうした症状に悩む人が増えているのだとか。

あなたの脳は大丈夫ですか?

若年性健忘症のセルフチェック

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s
出典:https://www.photo-ac.com

以下は簡単にできる若年性健忘症の自己診断チェックです。

1. 思うように言葉が出ない
2. 独りでいるのが楽(他人といると疲れる)
3. 状況に応じた判断ができない
4. 友人たちと会話が続かない
5. 待ち合わせに遅れがち
6. 世間の出来事などに無関心
7. テレビなどを見ていても言葉がわからない事が多い
8. ひとつの事に集中しすぎる
9.人の意見に耳を貸さない
10.「あれ」「それ」といった言葉で表現する事が多い
11.情報の勘違いが多い
12.地図を見ても自分の居場所がわからない
13.優先席でも平気で座る
14.計画を立てるのが面倒
15.マニュアル通りの解決しかできない
16.マンガ・週刊誌しか読まない
17.筋道を立てる考え方ができない
18.アイデアが浮かばない
19.大声が出ない
20.電話で話の内容を聞き取れない事がある

当てはまる項目が5個以内なら心配ありませんが、6~9個あれば少し注意する必要があるとか。

10個以上当てはまる場合は若年性健忘症の可能性が考えられるので、医療機関で詳しい検査を受けた方が良いそうです。

便利すぎる現代の病?

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s
出典:https://www.photo-ac.com
ここまでひどくなくても、ゆっくりと脳の老化が進んでいる人は多いと言います。

物忘れが進んでいたり、どこに物を置いたか思い出せなくなる、仕事で簡単なミスが目立つ、相手の言っていることが一瞬理解できない、などなど、脳の衰えを感じる瞬間が増えてきたら要注意です。

スマホなどの便利な機器が急激に普及したことで、現代人は記憶したり自分で考えたりする機会がめっきり減ってしまいました。

脳の老化が若い頃から進んでしまう原因は、そんな便利な世の中にあると考えられています。

電話番号を覚える必要も、スケジュールを手帳に書き込む必要もない、わからないことはすぐに検索で調べられる、そんな暮らしが当たり前になった今、脳の機能が衰えるのは当然の結果なのかもしれませんね。

また毎日同じことの繰り返し、同じ内容の仕事しかしていない、などの単調な暮らしも原因になるということです。

脳には色々な刺激が必要なんですね。

脳の老化に歯止めをかける

1d1642bddf0f394911b585b677c79f13_s
出典:https://www.photo-ac.com
もし若年性健忘症の場合は、脳神経外科や神経科で検査ができます。

CTやMRIなどの画像検査ではわからないものなので、問診や脳の機能検査などが行われるそうです。

若年性健忘症は早期治療で治ると言われていますので、不安な人は早く受診されることをおすすめします。

また普段の暮らしの中でもできることとして、脳に刺激を与えるような工夫を考えて実行してみて下さい。

脳は使わない機能があるとどんどん衰えてしまうそうなので、いつもとは違うことをするのが効果的ということです。

紙とペンで書くようにする、習い事を始める、仕事の方法を変えてみる、休日にこれまでとは違うことをする、など色々考えられますよね。

また、情報の洪水が脳を疲弊させているのも悪影響ということですので、できるだけ脳を休める時間を増やしたり、睡眠時間をしっかり確保するのも大切です。

なんだかちょっと不安になってきた・・・という人は、今日からすぐにでも、対策を始めて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事