痛いアラサーにならないために!!アラサーのNG言動5選

ライフスタイル

20代後半から30代前半のいわゆる『アラサー女性』は、決して若いだけではなく、かと言ってまだまだおばさんと言うには早い微妙な年頃です。

そんな微妙な年頃だからこそ、一歩間違うとまわりから『イタイ』と思われてしまいかねません。

そこで、痛いアラサーにならないためにの『アラサーのNG言動5選』をご紹介します!

1.まわりが困る自虐的な発言を連発する

デモimage02
出典:http://free-photos.gatag.net

アラサー女性がついついやってしまうのがこちらです。「私もうアラサーだからさー」「若い子じゃなくてごめんねー(笑)」というような自虐的な発言を連発してしまうこと。

本人は、その場を和ませる為の発言でも、言われたまわりの人たちは反応に困ってしまいます。行き過ぎた自虐的な発言はやめましょう。

2.年齢に合っていないファッション

デモimage01
出典:http://free-photos.gatag.net

年齢に合ってないような若作りなファッションは、まわりに『イタイ』と思われてしまいます。

また、若すぎるメイクや、逆に昔流行ったメイクのやり方をいつまでも続けるのも考えもの。

年齢に合ったファッションやヘアメイクを心がけましょう。

3.メールやLINEでの『若者言葉』

デモimage03
出典:http://girl.sugoren.com

実際に話している時はそうでもないのに、メールやLINEになるとうっかり10代や20代前半の女の子が使うような言葉や略語を使用していませんか?

また、『私わ』のようなわざと間違った言葉を使用したり、『ぁりがとぅ』のように通常は使わない小文字を使ったりするのが可愛く見えるのは若い内だけ。

昔のクセで今も使ってしまっている人は、そろそろやめたほうがいいのかもしれません。

4.自信満々な上から目線での発言

デモimage00
出典:http://free-photos.gatag.net

若作りをしてしまう人がいる反面、自分がさも『経験豊富な大人』のような発言をしてしまう人が現れるのもアラサーの特徴です。

「私が若い頃はこうだったから」「◯◯くんは若いねぇー」のような相手を下に見る発言は、相手を不快にさせる上に男性ウケもよくありません。

いつでも謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

5.過剰なボディタッチ

デモimage04
出典:http://psychology-japan.com

大抵の男性は女性からのボディタッチを喜びますが『アラサー女性』のボディタッチには注意が必要です。

過度にしすぎると「男に飢えてるのかな」と思われたり、時には「おばさんぽい」と思われたりしてしまうことも。

ボディタッチは控えめにさりげなく行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。思わずドキッとしてしまうような項目はありませんでしたか?

ちょっとでも心当たりのあった人は言動に気を付けて、年相応な素敵な女性を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事