正しい取り付け方知ってる?赤ちゃんを守るために知っておきたいチャイルドシートの取り付け方

ライフスタイル, 妊娠

shutterstock_244638877-480x320
出典:https://192abc.com
赤ちゃんが生まれて必要なものはたくさんありますが、車を使うことが多い家庭では、まずはチャイルドシートは絶対に必要ですよね。そのチャイルドシートですが、正しい取り付け方を知っていますか?

正しく取り付けないと、思わぬことで赤ちゃんを危険な目にあわせてしまうかもしれません。

チャイルドシートについて、正しい知識を身につけておきましょう。

新生児は後ろ向きに取り付ける

1670021
出典:http://topicks.jp
チャイルドシートはただ取り付ければ良いというものではありません。きちんと正しい取り付け方をしないと、赤ちゃんを守ることができない場合があるので、しっかりと取り付けをしましょう。

チャイルドシートの機種により違いはありますが、だいたい新生児から9kgから1 0kg未満までは後ろ向きで使用できるモデルが多いです。

実際に後ろ向きで設置して使用するのは、1歳ぐらいまで。赤ちゃんが一人でしっかりとおすわりができるようになってきたら、前向きに設置しても大丈夫です。赤ちゃんによって個人差があることなので、赤ちゃんの様子をみて親が判断する必要があります。

なぜ後ろ向きに設置するの?

ママが運転する場合、チャイルドシートを後ろ向きに設置してしまうと、赤ちゃんの顔や様子をみることができないので、不便に感じる方も多いと思います。しかし、チャイルドシートを後ろ向きに設置するには、理由があるのです。
b_logW2tRNKa99wfnZChk4
出典:https://saita-puls.com
こちらの図のように、事故発生時にかかる衝撃から赤ちゃんを守るためにチャイルドシートは後ろ向きに設置します。まだ骨格などがしっかりとしていない赤ちゃんの体は、衝撃をうまく受け止めることができず、首に大きな負担がかかってしまうことがわかると思います。

後ろ向きに設置をすれば、衝撃を背中や肩などの広い範囲に分散することができるため、赤ちゃんを守ることができるのです。

窮屈ではないかもちゃんと確認する

childsheet201505172
出典:http://ikuji-mikata.net
まだ首の座っていない赤ちゃんをのせる場合に気をつけたいのが設置する角度です。45度の角度が適しているといわれています。角度によっては、赤ちゃんの呼吸の妨げになってしまうこともあるので、赤ちゃんをチャイルドシートに座らせて、苦しそうにしていないかも、ちゃんと確認します。

設置する席は後部座席に

4ab6e8eb1b301da4b9445ac1d4512c1b174ef370_m
出典:https://conobie.jp
赤ちゃんをのせるなら、やはりチャイルドシートは後部座席に設置するのが安心です。後部座席に設置する理由としてあげられるのが、エアバックによる事故を防ぐことです。飛び出してきたエアバックで、赤ちゃんが窒息したり、飛ばされたりする危険があります。

また事故の衝撃も、助手席の方が大きいといわれています。少しでも安心・安全に赤ちゃんを車にのせるのでしたら、やはり後部座席を選びましょう。

赤ちゃんは、慣れてくるとドライブが大好きになってくれます。赤ちゃんとのドライブを楽しむためにも、正しくチャイルドシートを取り付けましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事