睡眠時間で子供の成長が変わる!睡眠ログでチェック!

ライフスタイル

16336116 - cute little boy is sleeping on a white pillow
出典:https://chi-vi.com/

子供にとって睡眠は必要不可欠な大切なもの。一日の疲れを取って、体を休めるためにはきちんと睡眠時間を確保したいものです。

あなたは子供にどれくらいの睡眠時間が必要かご存知ですか?

新生児では10時間~18時間、乳児では10~13時間に数回の昼寝、1~3歳では12~14時間、4~6歳では10~13時間、6~12歳では10~11時間となっています。

あなたのお子さんはしっかりとした睡眠時間を確保できていますか?

子供が1日何時間寝ているのか、意外にきちんとした睡眠時間を自覚していないママもいるのではないでしょうか。

睡眠時間を記録するための、”睡眠ログ”なるものがあります。
睡眠ログは子供が寝た時間、起きた時間、お昼寝の時間を2週間連続で記録するもので、子供の睡眠リズムを知ることができます。こちらのアドレスから睡眠ログのチャートをダウンロード可能です。
http://www.the0123child.com

眠りの量・質・時間帯をチェック

子供が夜に必要な睡眠時間は9時間以上で、10時間眠るのが理想とされて10時間以下の場合は子供の睡眠時間としては少ないので、10時間睡眠時間が取れるよう生活リズムを整えるのが大切です。

寝る子は育つ、とよく言いますが眠っている間に睡眠ホルモンが分泌されるため、しっかりとした睡眠を取らないと成長に影響してしまいます。

成長ホルモンが分泌されるのが、夜の10時~深夜2時の間。この時間帯は”ゴールデンタイム”と呼ばれ、睡眠によって最も多く成長ホルモンが分泌され、体に良い効果がもたらされる時間帯です。

そのため子供の就寝時間は10時より前、最低でも9時までには就寝したいです。

眠りの質にも注目しましょう。眠りのよい質とは夜中に何度も目が覚めないことを言い、ベッドに入って朝までぐっすり、というのが理想的。

よく眠るために必要なのは生活リズム

就寝時間と起床時間を決めることが大切で、それを守るのには1日全体の生活リズムを整えることが大切です。生活リズムが崩れると自律神経を崩してしまい、成長に大きく影響してしまいますので幼児期にしっかりとした眠りのリズムをつくることが大切なのです。

実際に睡眠ログをつけいている方の意見

チャートで記録する以外にも、自分の睡眠を記録してくれる睡眠アプリを使用している方もいたり、子育てで睡眠不足になりがちなママの睡眠サイクルをチェックするのもおすすめです。

レム睡眠を記録し、眠りの質を分析してくれる睡眠アプリもあるので、睡眠ログチャートと一生に使うとよく分かります。

おすすめの睡眠アプリ

オハログ
・あなたの昨夜の睡眠をアプリが採点。睡眠の見直しにつながる。
・睡眠に関する知識を毎日学べる! 睡眠改善で心も体も健康に。
・毎日の睡眠をグラフで表示。変化が分かって、3日坊主にもならない。
http://android.app-liv.jp

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite

・レム睡眠を察知してアラームが鳴る。毎朝スッキリ起きられる。
・眠りの質をグラフにまとめて統計。眠りの質を客観的に見られる。
・寝言やイビキの録音も可能。総合的に眠りの質を管理できる。
http://app-liv.jp

睡眠日誌

・毎日の睡眠の状況を記録し、グラフでわかりやすく表示してくれる。
・専門家が監修した「快眠のヒント」を見ることで、睡眠向上につながる。
・アンケートで不眠指数をチェックし、自分の睡眠の質を知ることができる。
http://app-liv.jp

テレビやゲームに夢中になって、寝る時間帯がずるずると遅くなってしまって就寝時間になってもなかなか寝てくれない、というママも多いはず。

寝る前はゲームやテレビ、スマホなど脳に刺激を与えるものを見ると入眠しにくくなり、不眠の原因にもなってしまいます。

夜になると眠たくなるためにも、日中にしっかりと体を動かして体をほどよく疲れさせておくことも大切で共働き家庭が増えて夕飯の時間が遅くなり、お風呂、寝かしつけの時間を早めに設定するのが難しいこともあるかと思いますが、子供の健康と成長は親のサポートなしではありえません。

子供が健やかに成長できるよう、しっかりと睡眠時間と質の良い眠りを確保したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事