ママたち納得!子供の野菜嫌いには理由がある

ライフスタイル, 妊娠

1510214top
出典:http://googirl.jp
ママやパパたち、お子さまはちゃんと野菜を食べていますか?

おそらく、多くの子どもたちは「野菜が嫌い」なのではないでしょうか。我が家の子どもも、どんなに食べさせようと努力をしても、小さく刻んだ野菜ですら避けて食べるほどの野菜嫌いです。

野菜を食べてくれないと、栄養が偏るのではないか?成長に影響するのでは?と心配になってしまいますよね。

でも、子どもが野菜嫌いになるには理由があったのです!ママがしっかり理解すれば、いつか野菜好きな子になってくれるかもしれませんよ。

子どもは本能で野菜が嫌い!

4218c2ca2ac32a619604f36b2b154e43
出典:http://sweets-justice.biz
子どもが野菜を嫌いなのは、実は当たり前のことだったのです!子どもは、本能で野菜を嫌い、食べたくないと感じてしまうのだそうです。

子どもは“苦味”“酸味”の味覚センサーが、大人より敏感。これは、本能的に“苦味は毒”“酸味は腐ったもの”と判断するように、人間の体にインプットされているからなんです。
出典:https://itmama.jp

そういったことから、野菜に含まれている「苦味」や「酸味」を、食べたくないと感じてしまい、野菜嫌いの原因のひとつになっているのです。

子どもの味覚センサーは、大人の3倍も敏感なのだそう。それだけに、野菜を受け付けられない味覚だと感じてしまうのでしょうね。

食感の感じ方も大人と子どもは違う

1472707867_1
出典:http://venustap.jp
味覚だけではなく、大人と子どもでは、食感についても違いがあるようです。大人にとっては、おいしいと感じる食感でも、子どもにとっては「まずい!」となってしまうことがあるそうです。

キャベツの千切りの場合、オトナには“ふわっ”とした食感が好まれますが、その“ふわっ”とした食感が、子どもには“もこもこ”とした食感に感じ「美味しくな~い……」という事態になりやすい
出典:https://itmama.jp

確かに、子どもに「どうしてこの野菜が嫌いなの?」と尋ねると、味もそうですが「かたい!」とか「ムニュムニュする」などと、食感について答えることが多い気がします。食感に関しても、子どもは大人よりも敏感に感じ取ってしまうということなのでしょうね。

野菜の切り方や調理方法を工夫してみよう!

iStock_000043438974_Small
出典:http://angie-life.jp
野菜は、切り方で味や食感が変わります。それをうまく活用することで、子どもの野菜嫌いも克服できるかもしれません!

例えば「玉ねぎ」は繊維にそって切ると、シャキシャキ食感・辛味を楽しめます。繊維をたつように切ると、水にさらすことで辛味が抜けやすくなり、加熱でやわらなくなるのだそう。

「大根」も繊維にそって切るとシャキシャキ食感が楽しめるので、サラダなどがおすすめです。繊維をたつように輪切りにした場合は、やわらかくなるので、おみそ汁などはこちらがおすすめです。

子どもが野菜嫌いなのは、ママがお料理が下手だからではないのです!料理方法が子ども向けではなかったからなのかもしれません。無理に食べてもらう必要もありませんが、少しでも野菜嫌いがなくなると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事