恋に悩むあなたへ、恋愛の核心9選

恋愛

1
出典:https://www.mylohas.net/

恋するごとに恋愛の核心に迫ってくる!?

人は恋をする生き物です。自分の意志にかかわらず気付いたら人を好きになっていて、これは人間の性で仕方のないもの。でも、恋愛をしたからといって必ずハッピーになれるとは限りません。相手に振り回されて傷ついたり、自己嫌悪に陥ったり、様々な葛藤を経験して恋愛の核心なるものをそれぞれ悟っていきます。その恋愛の核心たるものに触れたネットの声を見ていきましょう。

あなたがいるのが当たり前。家族のような、そばにいるのが当たり前の存在になった時こそ、相手に本当に必要とされている証拠かもしれません。そういう存在になれた時こそ、恋愛を成就させたということかもしれませんね。

そもそも男と女は思考回路が違う生き物。それは仕事や生活に関してだけでなく、恋愛においても同じこと。男が女が何を考えているのか分からないように、女も男の考えていることがさっぱりわかっていません。それにしても”難しい計算の方がよっぽどわかる。”って相当迷える子羊になっちゃってます。

男は恋愛に刺激を求め、女は恋愛に安定を求める、ということでしょうか。恋愛の先に結婚を見据えて付き合うのは、女性に多い傾向なのは間違いありません。恋愛に求めるものが男女で違うということですね。そんな男女が恋愛をするのだから、恋に悩む人が出てくるのも仕方ないかも。

2出典:https://search.yahoo.co.jp/image/

男性の恋愛は永久保存、女性の恋愛は上書き保存

これも男女の考え方、感性、脳の仕組みの違い?男性は過去の恋愛を”永久保存”、女性は恋愛を”上書き保存”するなんて言います。男性が長いこと会わないと無性に会いたくなる、というのは今カノに対しても元カノに対しても同じなんでしょうね。逆に女性の方が恋愛に対してはいたってドライ。今カレに対しは会っていないと気持ちが薄れて、元カレに関してはすっかり忘れて過去の人に。

年を取ればとるほど恋愛しにくくなります。若いころは好きという気持ちだけでぶつかっていけるけれど、年を取るごとに女性は出産のリミットがせまってくるし、結婚を考えられる相手を選ぶように。しかも年を取ってくると自分の好みや価値観が確立されて、これだけは譲れない!というポイントが色々出てきて、さらに恋愛しにくい体質になってしまいます。

これは鋭い指摘かも!?誰でも好きな相手とは距離を縮めたいもの。それが鞄であれ何であれ、二人の間にある障害物はとっぱらいたいというのが本音かもしれません。

世界の文豪たちの恋愛の核心

東西を問わず、時代を問わず、人間は恋をしてきました。世界の文豪達もまた、恋に悩みそれを作品に投影して名作を残してきたのかもしれません。そんな世界の文豪の恋愛の核心についての明言をご紹介します。

 

恋愛の核心について紹介してきましたがいかがでしたか?仕事や勉強は自分ががんばればいい結果を残せることができるし、昇進したり試験に合格したり目に見えて成果がわかるもの。

でも恋は一人ではできないもの。相手の気持ちが分からなかったり、振り回されたりして仕事や勉強のようにうまくいかないことも多々あります。嫉妬したり傷ついたり、思うようにいかずに悩んだりするたびに、恋愛ってなんでこんなに難しいんだろう?と思います。

でも傷ついて悲しい気持ちを経験することで、人にやさしくなれる人間に成長させてくれます。恋のない人生より、恋して充実した人生の方が絶対楽しいはず!怖がらずにどんどん素敵な恋愛をして、濃い人生にしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事