おいもがホクホク♡おいしいポテトサラダをマスターしよう!

ライフスタイル

top_bg
出典:http://www.kewpie.co.jp
メインが洋食でも和食でも、これがあれば大丈夫な副菜として重宝する、ポテトサラダ。完璧なレシピを覚えておけば、毎日の献立に困った時でも大助かりです。

でも案外、ちゃんとした作り方を知らない人が多いのでは?いつも作っていたポテトサラダがお店の味に変身する、ポテトサラダのレシピをご紹介します。

王道のポテトサラダ

furutarecipe_2gatsu_01
出典:https://hokuohkurashi.com
マヨネーズで有名なキューピーには、王道のポテトサラダのレシピが掲載されています。そのレシピの作り方の流れをざっくりとご紹介します。
キューピー王道のポテトサラダレシピ

1.じゃがいもをラップで包んでレンジでチンまたはゆでる

2.じゃがいもが熱いうちに木べらでマッシュ

3.にんじん・たまねぎをきざんで、レンジでチンまたはゆでる

4.ハムやきゅうりを切る

5.じゃがいもと具材をまぜ、マヨネーズであえる

6.塩・こしょうで味を整える

おおまかな流れはこんな感じになります。その流れの中で、おさえておきたいポイントをご紹介します。

じゃがいもは熱いうちにマッシュする

13-6-585x438
出典:https://joshi-spa.jp
じゃがいもは、熱いうちにつぶしておくのが良いそうです。じゃがいもが熱いうちは、じゃがいもに含まれるペクチン層に弾力があり、その間につぶすことで、おいもはホクホクになるのだそう。冷めてからつぶしてしまうと、粘りがでてしまい、あまりおいしく感じなくなってしまいます。

具材がさめてからマヨネーズとあえる

f6e3f08842c372d1d9f15992800b28d48919f2a0
出典:https://erecipe.woman.excite.co.jp

お料理していると、つい時間を短縮したくて早めにマヨネーズとあえてしまいますが、じゃがいもが熱すぎると、マヨネーズが分離してしまう原因になります。また、粗熱がとれてからあえることで、味も馴染みやすくおいしくなります。

具材に手をかざしてみて、ほんのりあたたかさを感じるぐらいが適温(50〜60度ぐらい)だそうです。

酸味がきになるならコーヒー用ミルクを

2996162_LL1
出典:http://amccrh.com
マヨネーズの酸味がきになるときは、コーヒー用のミルクを1人前につき1ポーション入れるのがおすすめだそうです。牛乳や生クリームでも代用できます。小さな子供は、この酸味を嫌がることがありますよね。ぜひ試してみましょう!

じゃがいもの種類で味わいが変わる

d63c40ed37c3dff8b348b2424bc10c3e_1461332910-480x320
出典:https://horti.jp
じゃがいもには、複数種類があります。スーパーでも何種類か購入できるので、ポテトサラダにはどれが適しているのかも悩みどろこですよね。

・男爵・・・ホクホクのポテトサラダが楽しめます。大きめにつぶして作るのがおすすめ

・メークイン・・・なめらかな食感のポテトサラダに。こまかくつぶして、そのなめらかさを楽しむのがおすすめ。

・キタアカリ・・・新じゃがのシーズンには、ホクホク感が楽しめますが、シーズン後には、なめらかな食感を楽しめるじゃがいもです。

それぞれのおいもには、お好みの食感により楽しみ方が違います。数種類をまぜてポテトサラダを作るのも良さそうですね。

いろいろなポテトサラダを作って、自分の味を見つけてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事