なんでもイヤイヤの魔の3歳児!子供を成長させる上手な叱り方って?

ライフスタイル, 妊娠

1e18b8688b39f235dc21f96ea26cc5e2
出典:http://maternity-march.jp
自分の自己主張が上手になってくる3歳。かわいい盛りでもあるのですが、ママやパパの言うことは、なんでも「イヤ!」と言い張る、魔の3歳児とも言われます。ちょうどそのぐらいの年齢のお子さんをお持ちの方も、毎日のイヤイヤ攻撃にヘトヘトになっているのではないでしょうか。

そんな魔の3歳児の頃の叱り方って、とても難しいですよね。子育てって大変だな、と実感する頃でもあると思いますが、上手な叱り方についてご紹介します。

子どもの気持ちを受け止め、共感してみる

raruschel
出典:https://mamapress.jp
またイヤイヤがはじまった…と思うと、ママの方もイライラしますよね。例えば、もう帰らなければいけないのにいつまでも「帰らない!」と言い張ったり、何かをやめさせたくても嫌がってやめてくれないときなどがあります。ついこちらも怒ってしまいますが、そうすることで、さらに状況が悪化していませんか?

そんなときは、冷静になり、嫌だと言っている子どもの言葉に耳を傾けてあげてください。そして「帰りたくない」と言っている気持ちに共感してあげましょう。「もっと遊びたいよね」とか「まだやめたくないんだよね。だって楽しいもんね。」と、子どもの気持ちを理解してあげましょう。

否定の言葉は使わずに説明をする

3ba4c6adbbaea64f1590f366762ed59e_1449843190-480x320
出典:https://192abc.com
「だからダメ!」という言葉、ついつい言ってしまいがちですが、こういった否定をする言葉は使わないようにします。子どもの言い分に共感をした上で、「なぜ帰らないといけないのか」をきちんと説明します。

子どもは、自分の気持ちを分かってもらえたことで安心感を感じます。ママがしっかりと理由を説明することで、子どもなりに「なぜいけないのか」を理解するようになってきます。

自分で選んでもらう・考えさせる

shutterstock_187574918
出典:https://itmama.jp
この頃は、なんでも自分でやりたがる頃でもありますよね。その気持ちを満足させてあげるために、ある程度選択肢を与えて自分で選択させてみると、子どもの気持ちも満たされて、こちらの話しをきちんと聞いてくれる場合もあります。

また、話し合ってみても子どもがどうしても納得しないなど、「これをやらないと気が済まないんだな」とママが感じたときは、好きなようにやらせてみるのもひとつの方法です。

それで失敗したり後悔することがあったら、それも子どもにとっては、ひとつ勉強したことになりますよね。やめてほしかったことも、ここですんなりと止めてくれるかもしれません。

親も冷静になり、まだ出来ないことがあると理解する

1200x0_57ff3008-f2d4-4832-be5a-0ba90a0100f7.jpg
出典:https://mamari.jp
言葉も上手になってきていますが、まだまだ3歳児は言葉で感情を伝えたり、状況を説明することが難しい年齢です。いろいろな感情があるのに、その感情を上手に伝えることができない、そのために「イヤイヤ」の反抗をみせることを、ママもパパもしっかりと理解しましょう。

相手の気持ちを察したり、行動を予想したりすることも、まだまだ苦手なのです。感情的になる前にそのことを思い出して、叱りつけたりしないようにしましょう。

まだまだ甘えたい時期でもあるので、スキンシップをたくさんとって、愛情をたっぷりと伝えてあげて、魔の3歳をうまく乗りきってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事