職場で起きたぶっとびエピソード7選

エンタメ

ミスが許されない職場だからこそ、とんでもないミスが起きるものです。
会社に損害を与えるような深刻なミスは好まれませんが、中には思わず吹き出してしまうようなおもしろミスなら、みなさんも大好物なのでは?
今回は職場で起きたぶっとびエピソードをご紹介します。

ぶっとびエピソード1:パソコン教えて!

便利なハガキ作成ソフトの「筆ぐるめ」がまさか、こんなことに・・・
「筆おろし」の意味を知らないわけじゃないでしょうから、後から死ぬほど恥ずかしい思いをしたに違いありません。

ぶっとびエピソード2:生理痛

男性には分からない生理痛の辛さ・・・
恥ずかしいことではないけれど、男性にとって想像もできないデリケートな女性の問題は、どう対処していいのか分からずに戸惑う人も多いようです。
まあ、この上司はうろたえすぎですけどね。

ぶっとびエピソード3:名刺交換

サイズが同じだから間違えそうな気もします・・・
でも、これは恥ずかしいですね。
何より、相手に恥ずかしい思いをさせないように身を切って泌尿器科の診察券を出した男性も素敵ですね。

ぶっとびエピソード4:フィフティ・フィフティ(50:50)

「50:フィフティ」「15:フィフティーン」
発音が似てますよね。
日本人のカタカナ英語のの発音では、言い間違いや聞き間違いが多発するでしょうね。

ぶっとびエピソード5:絶対見るな!

「見るな」と言われたら見たくなるのが人の性(サガ)・・・
しかし、このファイルに何の意味があるのでしょう。
これだけだと微笑ましいイタズラエピソードですが、上司のファイルを勝手に見たという事実は、想像するとこの後がとてつもなく怖いんですが・・・

ぶっとびエピソード6:太った上司

体型を笑うなんてことは絶対にしてはいけません。
それでも、これで笑いを避けることは不可能ですね。
この現場に出くわした人は、運が悪いとしか言いようがありません。

ぶっとびエピソード7:PCの環境設定

もうどこを突っ込めばいいのやら・・・
そして何となくですが、この人はとってもいい人そうな気がしますね。

いかがでしたか?
職場ではふざけず、マジメに働いていることでしょう。
だからこそ、そこで起きるぶっとびエピソードはその場の緊張を和らげてくれます。

しかし、それをしてしまった本人はかなり恥ずかしい思いをしているでしょうから、周りの温かいフォローをしてあげましょう。
素敵な笑いを届けてくれた仲間に。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事