「褒めて育てる」方法間違ってない?男の子を育てているママ必見!これが正しい褒め方だー!

ライフスタイル

育て方で子供の将来が変わってくるのはもちろんご存知だと思いますが、実はどうしたら犯罪者にならないかというのも、親の接し方1つで変わると言います。

若い男性の性犯罪や、成人男性による子供を性の対象とする卑劣な行為など、しばしばニュースで見かけることもあるかと思います。男の子を育てているママさんは将来自分の子が、、、と心配になる時があるかもしれません。男の子を育てているママ必見!今回は将来性犯罪者にならないための育て方接し方を紹介します!

こんな人が性犯罪者に多い

心理学の観点から性犯罪者にはいくつかの特徴があるそうです。

1 自尊心の低さ

2 認知の歪み

3 社会的能力の問題

4 弱いコーピング能力

ちなみに4のコーピングとは、ストレスに対処することという意味です。1の自尊心の低さとは、「自分には価値がない」と思ってしまうことのようです。そしてこの「自尊心の低さ」が、2や3、4の特徴をも引き起こすと言われています。ではどうしたら自尊心を高めることが出来るのでしょうか。

褒め方で変わる

cha-me-khen-che-con-cung-can-dung-cach-suckhoenhivn-13815-1109

出典:http://www.healthchild.net/

実は褒め方次第でこの「自尊心」を高める事が出来ると言われています。大人でも褒められると頑張れますよね!子供ももちろん同じです。一生懸命努力したことを褒めてもらえると、その「努力を認められた」と思えるようになります。努力して達成したことは大いに褒めて上げましょう。もちろん失敗してしまった時も、ネガティブな感情ではなくポジティブなメッセージを伝えて上げましょう。そうすることで失敗してもその「努力が認められた」と感じる事ができ、自信を持つことにつながります。

ただしこの「褒め方」には間違った方法もあり、逆に自尊心を傷付けてしまうこともあるのです。

「すごい!」「上手!」だけの褒めちぎりは逆効果

肝心なのは努力を認めることです。「結果」ではなく「過程」が大事です。「すごい」「上手」「えらい」など結果だけを褒めることは、もしも結果が悪かったら努力は認めてもらえないと感じ逆に自尊心を傷付けてしまう場合もあるそうです。

例えば、子供が読み終わった本を片付けられた場合、

『本をちゃんと本棚に戻してあげたんだね。本もお友達の所に戻れて喜んでるし、お部屋もキレイになったね。ありがとう』

などというように、部屋が片付いたという結果が、本を片付けたという努力の成果であり、その努力が認められたと感じ取れるのです。結果ではなく努力の過程を褒めてあげましょう!

褒める時の態度も大事

moms-take-the-compliment

出典:http://www.scarymommy.com/

子供はママやパパをよく見ています。いくら褒め言葉を言ったとしても、その言葉に気持ちが無かったり態度が言動に伴ってないと効果がありません。子供は親の表情や態度にとても敏感です。褒める時はしっかり目を見て笑顔で伝えましょう。

またママやパパの気持ちも一緒に伝えてあげるのも効果的です。例えばテストの点数を褒める時は、

『一生懸命頑張ったから良い点数が取れたんだね!ママは嬉しいよ。』

というように、努力の過程を褒めると同時に、ママはどう思っているのか気持ちをしっかり伝えましょう。またこの際頭を撫でたりハグをしたり、スキンシップを図るとより効果的と言われています。

どうでしたか?あなたの褒め方間違っていませんか??親との関わり方や接し方次第で子供の未来が変わるんですね。特に男の子のママさん(もちろん女の子のママさんも!!)、今日から自尊心を高める褒め方実践してみましょ♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事