赤ちゃんが歯磨きを嫌いにならないために!気をつけたい5つのこと

ライフスタイル, 妊娠

SnapCrab_NoName_2015-1-25_21-24-58_No-00
出典:http://babybaby-net.com
赤ちゃんのピンク色の歯茎から、ちらりと白い歯が見えてくると、親としてちょっと感動してしまいますよね。でも、歯が生えてきたらいよいよ虫歯にも気をつけなければいけない合図です。

赤ちゃんを虫歯から守るために習慣にしたい歯磨きですが、赤ちゃんが歯磨き嫌いにならないよう、気をつけたいことがいくつかあります。

まずはガーゼ磨きからスタート

shutterstock_96696820
出典:https://192abc.com
いきなり歯ブラシを使用すると、その歯ブラシの感触を嫌がってしまい、歯磨き自体を嫌がることになる場合があります。そういったことから、はじめての歯磨きは、ママの指にガーゼを巻いて、それで赤ちゃんの歯を磨いてあげましょう。

ガーゼ磨きに慣れてくれれば、歯ブラシを使った歯磨きにも移行しやすくなってきます。

力を入れずに磨くことが大切

shutterstock_538936963
出典:http://dentallab.jp
ついついやってしまうのですが、赤ちゃんの歯磨きをする際は、力を入れないように気をつけましょう。

汚れをきちんと落とさなくては!と気合が入り過ぎてしまい、思わず力が入ってしまっていることがあります。これは、赤ちゃんが歯磨きを嫌いになる原因になってしまいますので、やってはいけません。

まずは、歯磨きという行為に慣れてもらうことを目的にして行いましょう。

歯磨き粉は使わなくてもOK

b4319da0eb08cda9ca6338f4cc580bb6_s-e1468095312631
出典:http://xn--u9j615g46h60q87k.jp
はじめての歯磨きの頃には、歯磨き粉は使わなくても大丈夫です。まだ歯磨き粉を使用しなくても、ガーゼ等でこすってあげれば汚れも十分に落ちています。

赤ちゃん用の歯磨き粉には、赤ちゃん好みの味が付いているものが多いので、その味が好きで歯磨きも好きになってくれる場合もありますので、その場合はもちろん使用しても大丈夫です。

歯磨き粉を使用する場合は、赤ちゃん用のものを使用し、まだ赤ちゃんは、口に残った歯磨き粉を自分ですすぐことができませんので、ガーゼで拭き取ってあげてください。

歯ブラシは毛先のやわらかいものを使用する

img_36a9567702c7dd2d75bd6b215f56822e155868
出典:http://world-mommy.com
歯ブラシに移行する場合に気をつけたいのは、歯ブラシが赤ちゃんに向いているものかどうかです。お口の中も敏感にできている赤ちゃんは、歯ブラシの感触が苦手と感じてしまうと、歯磨きを嫌がってしまうことがあります。

赤ちゃんのために歯ブラシを選ぶなら「毛が柔らかいもの」「柄が握りやすいもの」「歯ブラシ部分が小さいもの」などに注意して選びましょう。

また、大人用ですと毛先が工夫されていたり、ギザギザにカットされているものがありますが、赤ちゃんにはそういったものは必要ありません。

楽しい雰囲気を心がけて歯磨きを

shutterstock_157362041-480x320
出典:https://192abc.com
そして大切なのは、歯磨きタイムを楽しくする工夫です。歯ブラシに慣れてもらうために、ママも一緒に歯磨きをしたり、二人で鏡をみながら歯磨きをすると、赤ちゃんも楽しい雰囲気で歯磨きをすることができます。

また、仕上げ磨きはママの膝で仰向けになってもらわなくてはできません。この場合も、歌を歌ってあげたり、歯磨きを遊びのひとつとして体験させてあげられると、将来歯磨き嫌いにはならずに済むのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事