一体誰が考えたの? 全員が釘付け!秀逸な看板たち7選

エンタメ

街中にたくさん溢れている広告や看板は、とにかく多くの人に見てもらい、その内容を知ってもらうことが目的です。
そのためには、以下にインパクトのある仕上がりになるかが重要です。

しかし、中には誰が考えたのか秀逸な作品があります。
今回はそんな思わず見入ってしまう広告や看板をご紹介します。

1:ブラックサンダー

確かに、これなら本命かどうかを悩む必要がありませんね。
値段もはっきりと分かっているので、男性も気兼ねなく受け取ることができます。
ある意味、最強の義理チョコなのではないでしょうか。

2:面会お断り

患者さんの症状に合わせて面会謝絶などの札が上がることがあります。
でも、一体どんな症状なのかまったく不明です。
この面会お断りの看板は、とても分かりやすいですね。
ただ、左側の「発熱」に関しては、スーパーサイヤ人のようになってしまっているので、むしろエネルギッシュに見えてしまいます。

3:注文の多い料理店

宮沢賢治の「注文の多い料理店」で登場する誘い文句ですね。
メルヘンチックでちょっぴり怖い、不思議なお話でしたが。まさかkろえが実在するなんて・・・

4:無印・LOFT・タワレコ

これは素敵な看板です。
特に仲が悪いとも良いとも思っていませんでしたが、こんな風に擬人化されて会話されると、見ているこちらの心が温かくなってしまいます。

5:新宿のかっぱ

気持ち分かる~♪
でもそれを店舗としてやっちゃうところ、そしてそれを正直に告白しているところが可愛くて仕方ありませんね。
しかし、一体誰が考え、どのタイミングで告白するに至ったのでしょう・・・
もしかして、店内のお客さんにツッコまれたのでしょうか。

6:新書の帯コメント

まあ、それが「本」というものだと思いますが・・・
何を狙ったにせよ、この著者にとってマイナスでないことを祈るばかりです。

7:無断駐車

いかがでしたか?
看板や掲示物としての役目は十分に果たしているようですね。
中には悪ノリに近いようなものもありますが、誰にも見向きもされないよりは効果が見込めるのではないでしょうか。
みなさんの周りにもおもしろい看板やポスターなどの掲示物はありませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事