出産後の入院は天国~♡…じゃなかった―!!産後入院中って…。

ライフスタイル, 妊娠

産後 病室 入院
出典:https://michigami.or.jp/

陣痛に出産・・・。
つらい痛みに耐え、待ちに待った赤ちゃんにやっと会えた喜び。
かわいい赤ちゃんを抱っこしながら、同じように赤ちゃんを待ち望んでいた家族との幸せな時間。
同室のママと仲良くなれるかもなんて思ったり、
なにもしなくても食事は出てくるし、病院によっては「お祝い膳」が出ることも!

産後の入院って、天国~♡
・・・って思っていたけど、実際には!!!

実は天国なんかじゃなくて、かなりハードだった―!!!

そんな産後入院のエピソードを紹介します。

眠れない!!!

これまでは、大体自分が寝たい時間に寝て、朝までぐっすり・・・。
という生活ですが、産後はそうもいきません。
もちろん、産後数時間はゆっくり休ませてくれますが、
母子同室の病院では、その日の夜か次の日の朝には赤ちゃんと一緒の生活です。

朝でも昼でも夜でもお構いなしに泣く赤ちゃん。
ゆっくりと長い時間寝ることもできないですし、
オムツを替えたり、おっぱいをあげたり・・・。
まだ抱っこもままならないし、赤ちゃんを泣き止ませるのも大変!
泣き止まないし、眠れないし、
「どうしたらいいの!?」と不安になってしまうことも。

☆経験ママからのアドバイス
赤ちゃんが産まれてくると、睡眠時間はとぎれとぎれしかとれません。
産後すぐは出産ハイになっていて眠れない方も多いですが、
長く眠れるチャンスはここだけ!
しっかり寝て、体力を回復しておきましょう。
母子同室でも、ママの体調が悪いなどの場合には赤ちゃんを預かってくれることもあります。
無理せず看護師さんに相談しましょう。

おっぱいが出ない!?

赤ちゃんが産まれたら、自動的におっぱいが出るものだと思っていました。
でも、そうじゃないんです!!
じんわりと出ることは出るんですが、赤ちゃんのおなかを満たすほどの量はすぐには出ません。
赤ちゃんが何度も何度も飲んでくれる刺激でだんだんと出るようになってくるのです。
初産の場合はママも赤ちゃんも授乳は初めて!
上手く吸わせられなかったり、赤ちゃんも上手く吸えなかったり・・・。
お互い上手に出来なくて、乳首が切れてしまい、授乳のたびに激痛がある場合も!

眠くても2~3時間おきにはおっぱいを飲ませなくてはいけないし、
出ないおっぱいを飲ませても赤ちゃんは泣くばかりで、
「もうイヤ!!」
と思ってしまうことも・・・。

☆経験ママからのアドバイス
はじめからうまくできると思わずに、赤ちゃんと一緒にママも練習です。
乳首に痛みがある場合には、赤ちゃんがなめても大丈夫な軟膏などもあるので、
看護師さんに相談しましょう。

ケーキは食べちゃダメ!?

妊娠期間中は厳しい体重管理で、好きなものも我慢していたというママも多いのではないでしょうか?
出産したんだから、これで好きなものが食べられる―!
でも、残念なお知らせです・・・。
産後は妊娠中よりもガマンしたほうがよいものが多くなります・・・。

出産したら食べたい!と思っていたケーキも、
母乳が詰まりやすくなるからと、助産師さんに指導を受けることでしょう。
乳製品や揚げ物などは母乳が詰まりやすくなりますし、
ママの食べたものが母乳の味を変えるといわれているので、
辛いものなどもおすすめできません。
しっかりと栄養を摂取するために、3食はしっかり取る必要がありますが、
赤ちゃんのためにも栄養バランスのとれた食事を心掛けましょう。

病院でも3食出してもらえますが、とても素朴なメニューの病院が多いと思います。

☆経験ママからのアドバイス
何を食べてもつまらないママもいますが、私はすぐに詰まってしまっていたので、
生クリームやチョコレートなどは控えていました。
でも、たまにどうしても食べたいという時には少量食べて、
たくさん水分をとっていましたよ。
無理をし過ぎてストレスを溜めないようにすることも大切です。

トイレが恐怖!!!

夜の病院だから・・・。
というわけではありません。
出産後はトイレに行くのが恐怖になります。

出産で会陰切開をした場合などは特に、しみてしまったり、痛みを感じてしまうこともあります。
力を入れるのも怖いですし、力を入れると出産でいろいろなところに力が入っていたせいか、体のいたるところに痛みが・・・。
トイレが恐怖で行きたくなくなってしまうかもしれません。

自宅に帰るころには体も回復してきますが、
それまではトイレは恐怖と苦痛です・・・。

☆経験ママのアドバイス
トイレが怖いからといって我慢しているのは体に良くありません。
痛みはだんだんと落ち着いてくるので、我慢せずにトイレに行くようにしましょう。

意外と寂しい・・・。

家族がお見舞いに来てくれたり、同室のママと仲良くなれたりと、
入院生活は賑やかで楽しそうだなーなんて想像しているママもいると思います。

でも、同室でも赤ちゃんのお世話でいっぱいいっぱいでなかなか話しかけるタイミングが無かったり、
個室だとなかなか会う機会も少ないかもしれません。
面会時間もあるので、家族にずっといてもらうわけにもいかないですし・・・。
夜も定期的に起こされるので夜は長いし・・・。

食事は1人で食べることも多いですし、
「なんだか寂しい・・・。」
と感じるママも多いようです。

☆経験ママのアドバイス
赤ちゃんがいても、話し相手がいないとなんだか寂しく感じてしまいますよね。
これは自宅に戻ってもママが感じやすい感情です。
寂しい時は我慢しすぎず、家族や友人に相談しましょう。

出産したのにお腹ポッコリ!?

大きくて丸いおなか。
赤ちゃんが産まれたらすぐにへこんで、妊娠前のスタイルに戻れる!
そう思っていたママも多いはずです。

でも実際は、すぐにはへこまないんです・・・。
さすがに臨月よりはへこんでいますが、
妊娠6か月から7か月くらいの頃のようなおなかでしょうか・・・。

退院のときには妊娠前の服が着れる!と、着替えを持ってきている方もいるかもしれませんが、
退院時はまだ、妊婦時代の服でもよさそうです。

産後 病院 母子同室
出典:https://mamasup.me/

おなかが重かったり、無事に赤ちゃんが産まれるか不安だったり・・・。
そんな妊娠期間が終わり、ここがゴール!!
と思っていませんか?

出産は新しい毎日のスタートです!!

出産前からは想像もつかないような毎日が始まります。
寝不足、疲労、不安、孤独・・・。
でも、それ以上に、愛おしい赤ちゃん。

いろいろな感情と葛藤しながらの毎日の始まりです!

産後の入院期間中は、退院してからの赤ちゃんとの生活の練習のようなものです。
病院では助産師さんがいろいろなことを教えてくれますし、
不安なことには相談にも乗ってくれます。
家に帰って不安なことがある場合には、いろいろ相談してみましょう。

そして、家に帰ったら。
ひとりで無理をし過ぎないこと!
家族や友人など頼れる人にはたくさん頼りながら、育児をしていきましょう。
わからないこと、不安なことは病院に電話をして聞いたりしてもOkですよ。

入院中のハードなエピソードも、いつか笑い話に変わります。
頑張りましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事