用意しておくと便利!使い捨て哺乳瓶のメリット・デメリットとは?

ライフスタイル, 妊娠

shutterstock_69211240-480x320
出典:https://192abc.com
哺乳瓶というと消毒をする手間が結構面倒なものですよね。でも、そういうものだから仕方がない、と思って育児をしてきたママたちに、便利な「使い捨て哺乳瓶」をご紹介します。

使い捨ての哺乳瓶なので、もちろん洗う手間も消毒する手間も必要ありません!これがあれば、育児がもう少し楽になるかもしれませんよ。

使い捨て哺乳瓶のメリット

ilovebaby_bk-67054
出典:http://buyee.jp
メリットとして大きいのが「消毒不要」という点です。消毒をする必要がなく、すぐに使えるので、哺乳瓶の消毒ができない「旅行」や「災害時」に大変便利です。

また、家に常備しておくことで、「ママが体調不良」のときにも便利ですよ。いつもは母乳を与えているママでも、使い捨ての哺乳瓶を常備しておけば、ママが薬を飲まなければいけなかったり、具合が悪かったりで、授乳が厳しいときに、さっと使用することができます。

それから、育児を毎日がんばっていると、ママがどうしても疲れてしまうときがありますよね。そんなときに「使い捨ての哺乳瓶があるんだ」とママが思えることで、「哺乳瓶の消毒しなきゃー」といった家事に追い詰められずに育児ができます。気分的にとっても楽になれるので、買い置きしておくと良いですよ。

詳細はこちら

使い捨て哺乳瓶のデメリット

image
出典:https://mamanoko.jp
便利なことばかりの使い捨て哺乳瓶ですが、デメリットもありますので、気になる方は、こちらを検討してから購入するようにしましょう。

まず、「赤ちゃんによって嫌がる子がいる」ということがあります。いつもと違う哺乳瓶だと飲んでくれない子も、中にはいるようです。乳首の形が違っていると、出てくるミルクの量が変わりますので、それを嫌がってしまうことがありますし、口にした感触が嫌だと感じてしまうこともあるようです。

それでも、何度か使っていると赤ちゃんが慣れてくることもありますし、市販の乳首をつけられるタイプの使い捨て哺乳瓶もあります。

それから、デメリットとしてあげられるとしたら、経済的な問題です。やはり、使い捨てということで、何度も洗って使用できる哺乳瓶と比べて、お金はかかってしまいますので、経済的な負担は大きくなってしまいます。その分、便利さを買ったのだと思えば、それほど高くもないかもしれませんが、その辺も考慮すべきことのひとつです。

いざというときのために、試してみよう


詳細はこちら
一度使ってみたいと思う方は、いざというときに使えるように、ぜひ購入してみることをおすすめします。アマゾンなどでも、値段の安いものから小さくたためるようになっているものまでさまざまな種類が販売されています。きっと、赤ちゃんのお気に入りも見つかるのではないでしょうか?お家で使用する頻度や、使用目的を考えて購入してみましょう。

一度使ってみると、あまりに便利なので手放せなくなってしまうかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事