発達障害の人は恋愛が難しい!?発達障害でも素敵な恋愛はできる!

ライフスタイル, 恋愛

181088983731c44d510482e69d3299cb
出典:http://xn--dck3bubs9v.net
恋愛は人を成長させ、心が幸せな気持ちで満ち溢れる素敵なもの。それは発達障害の人であっても同じことです。

発達障害があるから恋愛ができない、そう思ってあきらめている人も多いと思いますが、発達障害があっても幸せな恋愛をしたり、結婚をしている人もたくさんいます。

発達障害と恋愛についてご紹介します。

発達障害があると恋愛において困ること

151127_djaoimain
出典:https://omj9.com
ひとくくりに発達障害といってもさまざまなものがあります。その障害や度合いによって人もそれぞれ困ることは違ってきますが、大まかに考えてみます。

デートの約束や記念日など大切な日を忘れてしまう

ADHDの人などは、不注意で忘れっぽいといったことがあるため、約束を忘れてしまったり、記念日など恋人との大切な日を忘れてしまうことがあります。

それが原因になり、ケンカをしたり、相手に誤解されることがあります。

相手の気持ちを察することができない

人の気持ちを理解することが苦手なので、相手が「察してほしい」と思って行なった行動でも察することができません。

また、気持ちがわからないことから、本人はそういった自覚はなくても、相手を振り回してしまうこともあります。

恋愛する際にもっとも大切な部分がこの部分だと思います。

連絡の頻度など距離感をつかめない

やたらとまめに連絡をしてみたり、逆に何日も相手を放ったらかしにしてしまったり…といったことがあります。

恋愛のはじめの段階は、適度な連絡は相手との距離を縮める場合に重要なポイントでもありますが、ここがうまくいかずに恋愛まで進めなかったりします。連絡しすぎても迷惑ですし、メールしても電話しても返事が全然ない!となると、相手を怒らせてしまうことにもなります。

自分の障害を自分が理解することが大切

o0640042713654735144
出典:https://ameblo.jp
「発達障害があるけど恋愛をしたい!どうすればいいのだろう?」発達障害がある人がそう思い、発達障害を持つ人の恋愛について考えている、そのことですでに恋愛に向けて一歩進んでいるといえます。

まず大切なことは、自分で自分の障害をきちんと理解することです。好きな相手に嫌な顔をされたけど、なぜなのか理由がわからない!そんなときは、自分の行動を振り返り、障害について考えてみましょう。

それでもわからないときは、信頼できる親や友人など、障害を理解してくれている人にどんどん相談しましょう。相談できる相手が誰もいないなら、ネットを活用しましょう。


発達障害について自分自身で知識を深めることで、恋愛にも向かえるようになります。


発達障害があっても、恋愛をしたり幸せな結婚をしている人がたくさんいます。そのためには、発達障害だからこその恋愛の悩みや特徴などを知ることが大切なのです。

あきらめてしまう前に、自分自身のことを知っておきましょう。理解して愛してくれる相手は、必ずどこかにいるはずですから!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 恋愛」カテゴリの人気記事