ちょっとの工夫で大きな効果!光熱費節約術

ライフスタイル

生活費の節約をしたいと考えた時、真っ先に思いつくのは光熱費の節約ではないでしょうか?
一説には、3人世帯でも年間の光熱費は26万円以上もかかっているといわれています。

とはいえ、光熱費は生活する上で大切なものですから、そう簡単には節約できない……と思っている方も多いかと思います。
そこで今回は、家計の節約につながる光熱費の節約方法をまとめてみました!
07a424075ef138617660d78b9538b1fe_s
出典:https://www.photo-ac.com/

まずは電気代の節約!

生活する上でなくてはならない電気。
できればムダな電力を使わないように、細かいところから見直しをしてみませんか?

imasia_9793512_M-460x300
出典:https://static.enechange.jp/

・使っていない電化製品のコンセントは抜いておく
コンセントを入れっぱなしにしていると、使用していない状態でも待機電力が使われています。
できるだけ余計なコンセントは抜いて、待機電力をカットしましょう。

・冷暖房を早めにオフ
冷暖房を出かける直前までつけている方、多いですよね。
ですが、冷暖房は切ったところですぐに室温が変わるわけではありません。
外出する15分ほど前には切っておき、ムダを省きましょう。

・古い家電製品を買い換える
まだまだ使えるからと、古い家電製品を使い続けてはいませんか?
頻繁に買い換えるのは確かにムダではありますが、あまり古い家電製品を使い続けているのは、消費電力量が多くなることもあるので、節約には向いていないことも。
古い家電製品を見直して、省エネ性能の高い新しい家電製品を使うのもひとつの方法です。

ガスの節約方法は?

キッチンやお風呂で毎日使うガスにも、節約のポイントがあります。

・火力をうまく調節
小さめのお鍋を使う時、鍋底から火がはみ出るほど火力を強めにしていること、ありますよね。
強めの火力で、と考えてしまいがちですが、はみ出ている火は実はムダになっているんです。
ですから、使う調理器具に合わせた火力に調節しましょう。

img1875e872zik3zj
出典:https://image.space.rakuten.co.jp/
・食器洗いの時はゴム手袋を使用する
食器を洗う時、手が冷たくなるからとお湯を使うことは多いですよね。
ですが、ゴム手袋を使うだけであの冷たさから解放されますし、食器洗いのためのガス代も節約できます。

・お風呂でのガス節約術いろいろ
バスタブのフタをこまめに閉める、時間をあけずにお風呂に入り、追い焚き機能を使う回数を少なくする、
節水シャワーヘッドを使用するなどの工夫で、ガス代はだいぶ節約できます。

水道代もムダを省いて節約

・トイレの水量を調節
大と小に分かれているタイプでは、なるべく使い分けることで使う水の量も節約できます。
また、古いタイプのトイレよりも最近の新しいトイレの方が節水機能が高いので、トイレを新しくするのも節水効果が高いでしょう。

・水を出しっぱなしにしない
食器を洗う時などに、水を出しっぱなしにすることは多いものです。
しかし、当然水のムダになりますし、お湯を使っている場合は電気代やガス代も高くなってしまいます。

A6401
出典:https://saqwa.jp/
また、お風呂のシャワーを出しっぱなしにするのも水道代のムダになりますから、
ガス代節約の際にも出た節水シャワーヘッドを使うのも良いでしょう。
どちらのケースもこまめに水を止めれば、水道代だけではなく電気、ガス代の節約にもつながります。

見直してみると、日頃の使い方が実は光熱費をムダにしていた、ということは案外多いものです。
毎日の生活で少し意識するだけで、光熱費を節約することは十分可能ですから、
ぜひ実践してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事