母親の存在はスゴイ!子供は1秒未満でも「母親の声」を認識

妊娠

2
出典:http://lovemo.jp/

子供を授かった瞬間から、母親と子供は密接につながっています。そのつながりの凄さが、また新たに証明されたと話題になっています。

1秒未満でも「母親の声」を認識

子供の97%が1秒未満でも、「母親の声」を認識できることが証明されました。米スタンフォード大学医科大学が、7歳から12歳の子ども約24人に、母親の声と知らない女性の声に子どもがどう反応するか?という実験を行いました。

母親と知らない女性とによる意味のない単語の録音を聴かせて、脳の様子をMRI(磁気共鳴断層撮影装置)で調査しました。1秒に満たない音でも、子どもは97%の正確さで母親の声を認識したという結果が出ました。

その他にも、「聴覚野以外の脳の部分にも刺激を与えている」という調査結果が出ており、感情・報酬系・顔認識・社会生活機能に関連する脳の一部でも、母親の声を聞くと反応を示したそうです。子どもの社会的なコミュニケーション能力は、母親の声に子どもがどう反応するかに大きく影響を受けることが分かったのです。

1
出典:https://mamari.jp/

新生児でも母親の声を認識

モントリオール大学で、生まれてから24時間以内の新生児の眠っている間の脳波を測定し、お母さんの声とほかの女性の声に対する反応を調べる実験を行いました。

出産直後から生後24時間までの新生児の脳波測定により、新生児がお母さんの声とほかの女性の声を聞いたとき、脳の違う部分が反応していることが明らかになりました。生後24時間までの新生児でも、母親の声を認識できることが分かりました。

赤ちゃんはお腹の中にいる間も、ママが赤ちゃんに語りかけたりパパと話している声を聞いているのです。赤ちゃんがお腹の中にいる時に、一番に働くようになる感覚器官が聴覚なのだそうです。ずっとママの声を聞いて、お腹の中にいる時からすでにママの声とほかの人の声の違いを認識してるのかもしれませんね。

母親と父親の反応の違い

逆に子供の声に対する、母親と父親の反応も違います。赤ちゃんが夜泣きしている時に母親はすぐに目が覚めるのに、父親はまったく気にせず眠ったまま、なんていうことはよくあります。

母親はすでに母親となるような脳の構造を持っていますが、父親は子供を育てていこうと決心し、父親としての自覚を持たない限り父親の脳にならないそうです。母親と父親の脳の働きが違うから、こういった反応の違いがでるのです。

こうやって見ていくと、母親と子供のつながりというのはとても神秘的に感じますね。子供にとって母親はかけがえのない存在、そして母親にとっても子供はかけがないのない存在です。お腹にいる時からへその緒でつながって、栄養を与え声をかけ愛情を持って育てていく、その強い絆とつながりは本当に凄いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事