男の子と女の子は叱り方が違う!知っておけば子育てがもっと楽になる♪

ライフスタイル

how-to-parent-boys-and-girls
出典:https://chi-vi.com
子どもの育て方も昔とは変わってきていますよね。「叱らない子育て」や「褒めて育てる」なんて言葉もよく耳にします。

でも、やはり叱らなくてはいけないこと、子育てしていると毎日のように訪れますよね。いくら叱っても、その声が子どもに届いていない!と感じることも多いのではないでしょうか?

男性と女性では脳が違う、「男性脳」「女性脳」という言葉をきいたことがありませんか?その違いは、子どもでも同じこと。男の子と女の子では脳の構造が違います。それぞれ同じ叱り方では効果も違ってくるのだそうです。

男の子の叱り方、女の子の叱り方を知っておけば、もう少し子育ても楽になるかもしれませんよ。

男の子はプライドを傷つけず話してあげて

20364_03
出典:http://grapee.jp
まず、男の子を育てているママが知っておきたいのは、ママは女性脳ですが息子は男性脳だという違いです。

この違いがあるため、ママにはどうしても男の子の行動が理解できないことがあるのです。「どうして何度言っても分かってくれないのだろう…」ということが、男の子を育てていると、必ずと言っていいほどあると思います。

それは、男の子には響いていない叱り方なのかもしれません。何かをしている男の子に何を言っても、それは届いていません。男の子は、一度に2つのことをするのが苦手なのです。

まずきちんと目を合わせて話をすることが大切です。

そして、男性脳は物事を理論的に考えるので、ただ「ダメ」などの感情的な言葉を使うのではなく、「どうしていけないのか」といった理由を話してあげる必要があるのです。

カッとなってしまうと、ついつい感情的になってしまいますので、大きな声を出して怒りがちですが、男の子は右から左で聞き流してしまいます。

プライドを大切にしてあげよう

男性は女性と比べると、プライドが高いですよね。子どもであってもそれは同じことです。男の子のプライドを傷つけないようにしてあげましょう。友達の前で叱ったり、できないことを咎めるような言い方はNGです。

女の子は同じ土俵にあがってはいけません!

img_f7fdb98342fc94a235f8cfef6454d85550612
出典:http://ure.pia.co.jp
女の子の場合、口が達者になってくると言い返してくることもあるのではないでしょうか。同じ女性脳であるママが叱ると、お互いに感情的な言葉の言い合いになってしまうことがあります。

まずは言葉が上手な女の子と同じ土俵にあがってはいけません。叱る方も冷静になり、共感をしてあげながら叱るというのがポイントです。

女の子はやらなかったことやダメだったこと、ママやパパから言われなくてもわかっていることが多いです。それを前提にして、優しい口調で「今日はどうしたのかな?」などと声をかけてあげましょう。

言葉は選んで話しをしよう

女の子は言葉の発達も早いですし、相手の言い方や言い回しなどに敏感なところがあります。それだけに言い方などの言葉選びも大切です。

あまりに厳しい言い方や言葉を使ってしまうと、女の子の心には響かないどころか反発心を生んだり傷つけてしまうこともあります。

そういった意味でも、やはり感情にまかせて叱るのはよくありません。

子どもを叱ることの難しさを親も学んで

maxresdefault
出典:https://www.youtube.com
男の子と女の子は、同じ叱り方では伝わり方が違うことが、なんとなくお分りいただけたでしょうか?

子育てをしていて難しいと思うのは、やはり叱り方ですよね。親の方も子どもと一緒に成長しながら親になるといいます。

叱り方を悩みながら、親も子と一緒に成長して行くのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事