納得!心が少し楽になる子育ての格言10選

子育て

cb0612d95fa222a338decff5bcb2f2f4
出典:https://madcity.jp

大変なことや悩んだりするのが多い子育て。ついつい一人で背負い込んだりしてしまうのですよね。今回はTwitterで見つけた子育て中のパパ・ママの心が軽くなる格言を10個紹介していきます。

☆子育て中のパパやママの心が軽くなる10個の格言

1)子育ては悩んだもん勝ち

よく、「子育てに悩んでいる時点で立派な母親」という人がいましたが、その言葉を思い出すだけで子育てに悩んだ時に背中を押された気分になります。
悩んでいる時点で愛している証拠であるということ、自分の子育てが正解だと思い込んでいる方が危ないということを思い知らされますね。

2)ワークマン最強

新生児を抱いていると、滑って転んだりしないか心配になったりします。レインシューズでも結構滑ったりして怖いんですよね。そんなときに便利なのがワークマンで売っているコックシューズなんだとか!見た目がスリッポンなので、ダサく見えないんだとか。
最近はデコパージュなども流行っているので、可愛くリメイクしてもいいかもしれません。

3)旦那は学生新人バイト

産後、パパに家事や子育てを協力してほしくても、うまくいかなくてイライラしてしまうことはありませんか?しかも頼まないと動いてくれなかったりするのですよね。
パパを学生新人バイトだと割り切って頼むと、もっと気楽に頼めそうですね!

4)迷子対策

子どもってうろちょろして気づいたらはぐれてしまうということがあるんですよね。気をはって子どもを見ていても少し気がゆるんだらいなくなってしまったということも…。
そんなことにならないように行楽地に付いたらまず記念撮影をすることで、万が一はぐれたときに子どもが着てるものを説明するときに役立つし、後で疲れたときに撮るよりも表情が良いんだとか。

5)ベポラップを塗る位置

咳で眠れない子どもに有効なベポラップ。CMでは胸に塗っているため、胸に塗っているという方がほとんどなのでは?実は足の裏に塗るといいんだとか。さらに靴下を履かせると効果があるんだとか。

6)どんぐりの悲劇の防ぎ方

子どものころたくさんどんぐりをひろってきて、放置してたら中から大量の虫が出てきた…そんな経験をしたことがある人も多いのでは?
実はどんぐりを45度のお風呂に30分入れると、虫を殺すことができるんだとか。
私も虫嫌いなのでどんぐりを拾ってきたらやろうと思います。

7)お弁当のおかず

保育園や幼稚園のお弁当のおかずの冷食が禁止なところもあって、毎日のお弁当のおかずに悩むお母さんも多いのでは?冷食禁止の風潮で、禁止されていなくても使っちゃいけないのではと悩むお母さんに届いて欲しいツイートですね。

8)声かけはポジティブに

病院や歯医者などにいったとき、子どもに対して「嫌だったね」「ごめんね」と言ってしまいがちですが、それだと、病院や歯医者が嫌なところだというイメージがついてしまいます。
そうではなく、「がんばったね」「早くよくなろうね」と声かけをすることで、嫌なイメージが植えつけられにくくなります。

9)夫や奥さんの悪口を子どもには言わないこと

奥さんや旦那さんの悪口を子どもに言うと、子どもも影響されて悪口をいうようになったり、将来話をしてくれなくなってしまう可能性が高くなります。子どもといい関係を築き続けるのは奥さんや旦那さんが悪口を子どもに言わないことなのです。

10)男の子はヒーローになりたい

出かけるときは「ママを置いていかないでね」って頼るといい…。眼からうろこですよね。「勝手にうろうろしちゃだめ」ってついつい言いがちですが、男の子だからこそあえて頼ってみるのもいいのかもしれません。

いかがでしたか?
目からウロコな格言ばかりでしたね!子育てに疲れたときはTwitterを覗いてみると良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

子育て」カテゴリの人気記事