うどん県はやっぱりすごい!香川県のうどんにまつわるネタ6選

ライフスタイル

香川県といえばうどん、うどんといえば香川県と日本全国で認識されているように、香川県は自ら「うどん県」と名乗るほどの県です。
そこには、他県民では想像もつかない、考えられないことがあるのもまた事実。

そこでうどんにまつわる、他県民から見るとビックリな香川県ネタをご紹介します。
20150331_kodawarihachiya_ec-670x443
出典:https://www.jalan.net/

1:年越しでもうどんを食べる

一般的には、年越しはおそばを食べますよね。
ですが、香川県では年越しうどんを食べるのが常識なのだとか。

2:年が明けてもうどん!

main_3350_LL
出典:http://www.rurubu.com/
さらに、2009年からは年が明けてからもうどんを食べよう!という新たな食文化が「さぬきうどん振興協議会」により提唱されたそうです。
年明けうどんの特徴は、

「年明けうどん」とは、純白のうどんに新春を祝う「紅」の食材1品をトッピングして年の初め(1月15日まで)に食べることで人々の1年の幸せを願う、というもの。

出典:http://www.ana-ippentakamatsu.jp/
とのことです。

3:水不足でもうどんは欠かせない

香川県は、梅雨の時期や秋に雨が多いものの、夏の間はあまり雨が降らないのだそうです。
そのため、水不足に悩まされることもあるのですが、それでもうどんをゆでるための水は惜しみなく使ってるようです……

4:学食でもうどん、しかもセルフでゆがく

うどんは学食の定番メニューのひとつですが、うどん県の香川県ではさすがに事情が違います。
香川県の学食では、自分でゆでるのがほとんどなのだそうです。

そもそも香川には900店舗のうどん屋があり、そのほとんどがセルフで提供している。30年前ごろにその方式が広まるとともに学食にも広がっていったそうです。

出典:http://kenminshow000.seesaa.net/

他県民ではあまり想像がつかないことですが、自分でゆがいて食べるうどんもおいしそうですね。

5:そば派の肩身が狭く、うどんが嫌いとは言いづらい

うどん県といわれる香川県にだって、もちろんうどんが好きではない人もいますし、うどんよりもそばが好きという人もいます。
ですが、なかなかそれを公言しづらい雰囲気があるようです。

6:サッカーチームの注意書きが「うどんは観客席に持ち込みできません」ですが……

BbBxuV0CcAEnvwL
出典:https://pbs.twimg.com/
これは香川県の高松市、丸亀市を本拠地とする、サッカーJ2のカマタマーレ讃岐が出した注意書きです。
実はこれ、うどんを観客席で食べてはいけないという意味ではなく、うどんを外から持ち込まないように、会場で買って食べてね、という意味で、数年前に話題になった本当の話です。

いかがでしたか?
どのネタも、香川県民以外にはビックリなことだらけですよね。
ですがそれだけうどんが好き、うどんを愛してやまない人が多い県なんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事