年間18万件以上が中絶する日本!中絶を選択する人々の理由

ライフスタイル, 妊娠, 恋愛

image
出典:https://mamanoko.jp
妊娠をして喜ぶ人だけではありません。経済的な理由や年齢、さまざまな理由で妊娠をあきらめる、人工妊娠中絶を選択する人もいます。

もちろん簡単に決意をしているわけではないと思います。そうするためには、いろいろな葛藤や思いを抱きながらの決意なはずです。

なぜ中絶を選択したのか、中絶した人の理由と日本の現実について考えてみましょう。

経済的な理由

712228a55563bb837f8197f86761c626
出典:https://ninsin-akachan.com
非正規雇用など、きちんとした仕事に就けない人が増えている現在が背景にあるせいか、中絶を選択する人の理由で多いものに、赤ちゃんを育てるだけの経済力がないといった、経済的な理由があげられます。

「赤ちゃんがお腹にいると分かり、うれしくて彼に言うと、『経済的にだめ』とか、『今は無理』とか、バシッと言われるケースが増えています。男性は『なんとか頑張って産めるように』と悩んでくれません。『だめ』と簡単に意思表示してしまう。そうすると、女性は1人で産めないから、どうしよう、やっぱり中絶しかない、と」
出典:https://news.yahoo.co.jp

女性の方も、1人で子どもを育てるといった選択ができるほど、経済力があり自信がある人も少ないのかもしれません。男性側にきっぱりとこう言われてしまうと、やはりそれでも産みたいといえるだけの勇気を女性が持つことも難しいのでしょう。

若すぎることが理由

2_98114105811101
出典:http://www.globalnewsasia.com
そして多いのが10代の中絶です。若すぎることが原因で中絶を選択するのです。

妊娠したら大変だから、きちんと避妊しようとの合意が2人にできておらず、「好きだ」という気持ちだけで性交渉し、妊娠してしまう。それが10代に目立つパターンだという。2人とも学生で、最終的には親や周囲の反対で中絶を決めるケースが多い、と村口医師は話す。
出典:https://news.yahoo.co.jp

純粋な恋愛をしている10代の若者は、妊娠を知ると中絶という選択をせずに、出産を望むこともあるそうです。しかし、やはりまだ早すぎるといった理由や親からの説得などにより、結局は中絶を選択することになってしまうのです。

10代の妊娠については、大人である私たちにとっても大きな課題のひとつなのかもしれません。どうすれば妊娠をするのか、妊娠するということはどういうことなのか、といった、性教育などが不十分だから、10代の妊娠が多いともいえます。

日本国内の人々がきちんと向き合って、10代の若者が妊娠をして中絶を選択するような、悲しい現実が起こらないようにしていかなければいけないのかもしれませんね。

若者が後悔しない人生を送るために

gettyimages_464840616 (1)
出典:http://spotlight-media.jp
妊娠してもすぐに中絶を選択するのではなく、産むという選択ができるようにと活動している方もいます。

神戸市で「マナ助産院」を営む永原郁子さんは、望まない妊娠をしてしまった女性が出産をし、養子縁組をして他の家庭で育ててもらえるような施設を建設する予定だそうです。

また、学生のうちからきちんとした性教育を行うことで、不幸な妊娠が増えるのを防ごうと活動している方もたくさんいます。

大好きな人と愛し合うことは、とても大切なこと。でも、それが原因で若者が将来に影を落としてしまう、そんな悲しい思いをしないで済むような世の中をつくっていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠, 恋愛」カテゴリの人気記事