振っても未練タラタラな理由・振られた時に行うべきことを知っておこう

恋愛

長年付き合っていても、些細なことでケンカや言い争いをしてしまうことはよくありますよね。
そして、場合によっては相手を振る、または相手に振られることも……

そこで、今回は振った側の心理と振られた側ができることをまとめてみました。
071_cv_broken-heart-depression
出典:http://mental-illness.me/

自分が振ったのに未練タラタラな理由とは?

lost-love
出典:http://blog.ieagent.jp/

自分から相手に別れを告げてしまったのにもかかわらず、それを後悔していつまでも未練を引きずってしまうことはありがちです。
では、なぜそんな気持ちになってしまうのでしょうか。

・衝動的に別れを告げてしまった
ケンカの最中に感情が高ぶってしまい、衝動的に別れを告げてしまった、または一時の気の迷いで振ってしまった時は、未練が残ることが多いものです。
嫌いだから振ったわけではないにしても、そこに至るまでの状況には何かしらのケンカや言い争いの原因があったはずです。
その原因を振り返る必要もあるかもしれません。

・寂しい
いつも一緒にいた恋人が急にいなくなると、寂しさを感じてしまうのは当然のことです。
寂しさが募り、振った相手に未練を引きずってしまうこともあるでしょう。
ですが、別れたばかりの頃は誰もが寂しい気持ちを抱えるもの。時間が経てば寂しさも薄らいでいくこともあります。

・まだ情が残っている
好きになって付き合っていたのですから、情が残るのも当然でしょう。
とはいえ、いつまでも情を残したままで未練タラタラでいる自分に対し、相手はとっくに吹っ切れているということも。
別れたばかりの時は仕方がないにしても、長い間その情に流されて未練を残したままでいると、過去にばかりとらわれてしまいかねません。

振られた側が行っておきたいこととは?

01-35
出典:https://cdn2.mynvwm.com/

自分がまだ好きな感情があるのに、相手に振られてしまうことはとてつもないショックな出来事です。
そして、なぜ振られてしまったのかと自己嫌悪に陥るケースも。

意味もなく振られるよりも何かしらの原因があって振られることが多いかと思います。
そこで振られてしまった時に行うべき点として、以下の2点があります。

・振られた原因を知る
まず、振られた原因を考えてみては?これを知ることで、次の恋愛で失敗を減らせることもあるでしょう。
たとえば、過去に何度も言われてきたこと守らなかったり無視してきた、わがままを突き通してきたなど、どこかに相手に「これ以上付き合っていられない」と感じさせたポイントが見つかるかもしれません。

・こちらから連絡をしない
どうしても、連絡をしたくなることはありますよね。
ですが相手の出した決断を否定することになる可能性もあります。
別れた後はしばらく連絡を取らずに、落ち着いて考える時間を取ることが大事です。
一般的に、3ヶ月~半年程度が冷却期間として適していると言われています。

恋人を振ることも、恋人に振られることも、どちらもとても気持ち的に辛く、痛みを伴うものです。
ただ悲しい、辛いと嘆くだけではなく、少し冷静に過去を振り返るだけでも、自分の糧になるものですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事