くらっぺさん(@qurappe)のマンガ『はぐちさん』が中毒性があって面白いと話題!

ライフスタイル

今回紹介するのはシュールでキュートなほのぼ漫画『はぐちさん』です。中毒性があって、連載が楽しみになってしまう『はぐちさん』。
どんな作品かというと…

この白くて丸い生き物が「はぐちさん」です。日々の生活に追われるOL・八千代のもとに「住みたいのだが」と突然現れたはぐちさん。
笑うと歯茎がちょっと見えるので「はぐちさん」と呼ばれているんだとか。

今回はそんな「はぐちさん」の生態を見てみましょう!

1)舌をひっぱられてもノーリアクション

暑くて舌を出してヒーヒー言ってるはぐちさん。舌をひっぱられてもノーリアクションです。

2)お酒が強い

お酒に強く、酔いつぶれた八千代とヒロセが寝ていてもまったり起きているはぐちさん。酔いつぶれないのは2人が寝た後に人生について語るのが楽しみだからなんだとか。
なんだか深いですね。

3)カレーは混ぜる派

カレーライスを混ぜる派と混ぜない派と分かれますが、はぐちさんは混ぜる派。でも混ぜる姿を見られたくなくて見ないでというはぐちさん。
なんかかわいらしさを感じます。

4)朝の楽しみ

朝起きるのがしんどくて食玩を買って、朝の辛さを紛らわせようとする八千代。いざ朝になると、食玩を開けて二度寝。
意味ない!

5)小さいすき焼き

すきやきを作って、八千代に器に小さいすき焼きを作ってわたすはぐちさん。きれいに小さくできると少しだけおいしくなるって少しわかるかもしれません。
私もレンゲにミニラーメンを作ると少し美味しくなる気がします。
見た目もきれいによそえて良いですね!

6)言われた通りに。

八千代に頼まれてトイレの前にトイレットペーパーを置いたはぐちさん。でも言われた通りにトイレの前に置いたからドアを開けたらドアで押されていくトイレットペーパー。
置くときは開く方のドア横の壁に置くのが鉄則です。

7)緊張しないおまじない

大事な仕事があるから緊張するという八千代。手に「人」って書いて飲み込むといいと提案するもなぜか「生たまご」にしたはぐちさん。
なんだか生たまごだと気持ち悪い気がしますね。

いかがでしたか?
シュールでかわいらしいはぐちさんにほのぼのとしてしまいますね。はぐちさんの物語はまだまだあります。
ぜひ、Twitterを覗いてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事