健康志向な人ほど注意!新種の摂食障害、オルトレキシアって?

ライフスタイル

恋の終わり3
出典:http://belta-cafe.jp

オーガニックや無添加など健康的な食生活についての話題が多く取り上げられ、人々の意識も高まってきています。

そんななかでアメリカの研究者たちが発表したのが「オルトレキシア」という新しい摂食障害。

食の健康を気にかける人ほど陥りやすいと言われるオルトレキシアとは、いったいどんなものなのでしょうか。

健康への意識が不健康を招く

o160012001318568740445
出典:http://ameblo.jp

摂食障害というと、過食症や拒食症というものを聞いたことがあるのではないでしょうか。

精神的な要因によって、食べる量を自分でコントロールできなくなってしまい、過度に食べすぎたり、食べることを拒否したりする状態です。

ItMama_96549_1
出典:http://www.excite.co.jp

食べる量についての障害であったこれまでの摂食障害とは違って、オルトレキシアは口に入れるものの「質」を問題にします。新種と言われるのはそのためです。

オルトレキシアになると健康を気にかけるあまり、不健康と思われるものを徹底的に排除しようとします。そして、自分の体内に入れるものを極度に制限します。

結果的に摂取する栄養のバランスが偏り、不健康になってしまうのです。

強迫性障害に近い

untitled_by_patrick_kramer-d6o6wiq
出典:http://matome.naver.jp

強迫性障害は、マイナスの考え方がどんどん浮かんできてその思考をコントロールできなくなり、自分を精神的に追い詰めていきます。

潔癖症で手を洗い続けたり、自分が無意識に他人に危害を加えることを恐れて他人と接触できなくなったり、という例が挙げられます。

うつ病や統合失調症など、ほかの精神疾患と複合的に起きることも多いといわれます。

また、もともと几帳面で神経質な性格の人は、生涯を通して症状が出たり落ち着いたりを繰り返していく傾向があります。

一定の情報に固執する

2014090810
出典:http://artroot.jp

インターネットで誰でも手軽に溢れる情報を手に入れることができる現代。

「コーヒーを飲むとがんのリスクが減る」という情報が蔓延したかと思えば、「コーヒーはメンタルを不安定にする可能性がある」という話題が出てきます。

どの食品にも言えることは、何にでも長所と短所があり、適量があるということ。

DH000001
出典:http://www.tradewing.jp

オルトレキシアになると、食品の負の面が気になります。「乳製品は体に良くない」という情報を得ると、徹底的に乳製品を排除し始めます。

牛乳、バター、ヨーグルト、チーズ、生クリーム……これらを一切含まない食生活をしようと思うと、スーパーで買えるものはかなり減るでしょう。

そのうち牛肉も避けはじめ、牛の成分をわずかでも含むものはすべて食べられなくなります。こうして食べられるものがどんどん減っていき、痩せすぎや栄養失調を起こします。

パニックを起こす前に

IMG_1704
出典:http://memogoto.hatenablog.com

スーパーに行って何時間もうろついた挙句に何も買えない、毎朝目覚めると「今日は何を食べたら良いのだろう」と頭を抱える……。

そうなってしまう前に、一度立ち止まって「健康とはなにか」と考える必要があります。

ok-013-D-kataasi-011
出典:http://sebastian-company.com

たくさんの情報があり、何を信じて良いのか惑わされることも多いでしょう。忘れてはならないのは情報も食も「バランス」です。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事