成績が伸びる子は字を丁寧に書く子?キレイよりも丁寧に書くことが大切な理由

子育て

丁寧に字を書く子は成績が伸びる

b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s
出典:https://www.photo-ac.com

突然ですが、あなたのお子さんの字はきれいですか?

世間一般のイメージから言うと、字がきれいな人=頭の良い人
という印象がありますよね。

雑に汚い字を書いていると、「もっときれいに書きなさい!」と言いたくなります。

でも実は”きれいかどうか”ではなくて、”丁寧に書いているか”ということが重要なのだそうです。

字はきれいでなくても、一字一字その作りに気を配り、ハネやはらいにも注意しながら、一画一画を丁寧に書いていくということが大切なのだそうです。

多くの生徒さんを見てきた塾の先生も、字を丁寧に書く子は成績が伸び、雑に書く子はあまり成績が良くならないということをおっしゃっています。

字を丁寧に書くことには、成績とどんな関係があるのでしょう?

集中力がつく

fdafbded30cd3ee434b56e97a2bae3f6_s
出典:https://www.photo-ac.com

一画一画を丁寧に書こうとすれば、そう意識することで集中力や緊張感が生まれます。

集中力は勉強の効率や習熟度を上げるためにももちろん重要なものですし、大人になってからも集中力のあるなしで仕事の成果が変わるのは、実感している人も多いですよね。

特に子どものうちに集中力をつけておくと、その後の学習意欲や生活習慣、知的好奇心など学習の基盤になる大切な力が育ちますし、コミュニケーション能力にも関わってくるとされています。

また字を書いているときの緊張感は、暗記をしやすくするのだそうです。

例えば英語であれば、教科書の自体をまねて丁寧に書いているだけで、特に練習しなくても単語などを覚えてしまうのだとか。

同じことは漢字などにも言えそうですよね。

ケアレスミスが減る

130307-1
出典:https://www.ntt-east.co.jp

ノートが自分の丁寧な字で書かれていると、後から振り返り学習をするときにも、見やすくてスムーズに復習が進みます。

反対にノートが雑な字でごちゃごちゃになっていると、意欲が削がれてやる気がなくなります。

たったこれだけのことでも、大きな差が出そうですが、テストになるともっと大変です。

例えば漢字のテストでは、雑な字は減点の対象となったり、先生が読めなくてバツがついてしまうこともあります。

また算数では自分の書いた字を見間違えて計算ミスをしたり、検算ができなくなったり、応用問題のときに途中でわからなくなってしまうことも。

丁寧に書かれた字であれば、こういったミスが起こりづらくなり、応用問題も良く理解できるようになり、結果として成績が上がります。

さらに学校の成績は普段の学習態度なども加味されますので、丁寧にノートを書いている態度もプラスになるのだそうです。

自分の思考のテンポと文字を書くスピードのバランスが取れる

04c25043b57b22654aafb16773b9bdc6_s
出典:https://www.ntt-east.co.jp

一字一字丁寧に書いていると、もちろんそれだけ書くスピードが落ちるので、勉強する速度が落ちて逆効果ではないかと思う人もいるでしょうが、そんな心配は無用です。

むしろ、字を書くスピードと思考のバランスが取れるので、書きながら考えるということができるようになるといいます。

また書きながら覚えていくので、効率のよい学習ができるとも言えます。

字を書くスピードが早くても、数多くの問題をとけたとしても、ミスが多いのでは意味がありませんよね。

字を丁寧に書くようにさせるには?

8db005a807e708832c151269da9cdd40_s
出典:https://www.photo-ac.com

普段から生活の中で伝えていくこと、意識させることや、正しい鉛筆の持ち方を教えて行くことが大切ですが、まだ小さい子どもは筆圧が弱くて、しっかりと書けないことも多いと思います。

そんなときは、環境を整えてあげることも必要になります。

子ども向けの鉛筆や矯正用具を用意してあげるといいでしょう。

正しい鉛筆の持ち方をサポートしてくれる用具や、小さな子でも握りやすい太めの鉛筆、形が工夫された鉛筆などがありますので、状況に応じて利用してみて下さい。

鉛筆の芯は、弱い力でもしっかり書けるように、柔らかくて濃い4Bから6Bくらいの鉛筆が向いています。

時間は少しかかっても、丁寧に字を書くことにこんなに大きな意味があったとは意外でした。

まだ柔軟性が高く、新しいことにもすぐに対応できる小さなうちから、習慣にしてあげることが大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

子育て」カテゴリの人気記事