お下品認定?ついついやりがちで実はNGのテーブルマナー9選

ライフスタイル

71e2kxG+xEL._SL1500_
出典:https://cuta.jp

高級レストランではなくても、ナイフやフォークを使って食事をする機会は身近にありますよね。

ファミレスでは大目に見てもらえても、結婚式の席では知らず知らずのうちに恥ずかしい思いをしてしまうことも。

大人なら知っておきたいフランス料理の最低限のマナーを紹介します。

席についてすぐナプキンを取る

naifytofo-ku
出典:http://www.naze.biz

席についたとき、ナプキンはお皿やテーブルの上にきれいに置かれているはずです。

座ってすぐにナプキンを手に取ってしまうのははしゃいだ子供くらいのもの。

食前酒が出てくるタイミングまで、触れずにおきましょう。

結婚式などでは食前酒が出るまでにスピーチや新郎新婦入場などのプログラムが入っています。

その間、ナプキンは使いませんよね。

ナプキンを首からさげる

cover
出典:http://www.kirin.co.jp

焼肉屋さんではないので、ナプキンを襟に挟むようなことは絶対にしてはいけません。

滑稽以外の何物でもありません。膝の上に広げておき、指先や口元を拭くときに手に取ります。

ワインサーブのときにグラスに触れる

s_00hq
出典:http://find-travel.jp

日本のお酌の感覚だと、お酒を注いでもらうときにグラスやお猪口を持ち上げるのが礼儀です。

しかしワインに関しては別。テーブルに置かれたグラスに注いでもらっている間は、そのまま待つのがマナーです。

パンを噛みちぎる

16
出典:http://gigazine.net

とてもワイルドですが、フォーマルな席ではパンは口に入る大きさにちぎってから口に運ぶのがスマート。

バターを最初に塗り広げるのもNGです。一口分ずつ、バターをつけるようにしましょう。

パンをスープにディップ

tsukehita_01_1280x1024
出典:http://moisson.tistory.com

おいしい食べ方ですが、おうちでだけにしましょう。パンはスープを飲み終わってから初めて手を付けるものです。

浸すどころか、一緒に口に入れることも本来はマナー違反です。

パンくずを床にはらう

2011042301
出典:http://duck29.blog57.fc2.com

おしゃれな席だからこそ、テーブルにこぼれたパンくずを隠したくなってしまいますよね。

しかし床に落とすのはお店にとって大迷惑。テーブルの上にこぼれたものはそのままで大丈夫です。

できるだけ、お皿の上でちぎるようにすると良いですね。

最初にナイフで切り分ける

69055
出典:http://find-travel.jp

お肉でもお魚でも、付け合わせの野菜であっても、ナイフで最初にすべて切り刻んでしまうのはちょっと野蛮。口に運ぶ分だけ、切りながら食べ進めていきます。

食器を重ねる

d5
出典:http://www.shokunin.com

食べ終わった食器を親切心から重ねる人がいますが、これはファミレスや居酒屋までにしておきましょう。

洋食和食にかかわらず、ある程度のお店ではあなたが思いもよらない金額の食器を使用している場合が多くあります。

食器を重ねることは装飾の損傷や食器自体の破損の原因となります。

SAMSUNG CSC
出典:https://ja.wikipedia.org

なにより客がテーブルを片付ける行為は見苦しく、ウェイターの仕事に対する侮辱とも取られかねません。

ナプキンをたたむ

35_14
出典:http://y.sapporobeer.jp

食事が済んで席を立つときには、ナプキンはテーブルの上に無造作に置きます。

きれいにたたむのは「料理に不満がある」という意味ですので、あくまでも無造作に。

s_001h
出典:http://r.gnavi.co.jp

おしゃれをして食事に出かけて、女子力を発揮しようと気を利かせすぎる人は多いものです。

TPOをわきまえて、おとなしくしていることも大人のたしなみだと学びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事