子どもは特に気をつけたい!6つの「こ食」とは?

ライフスタイル, 子育て

昔は、家族全員が揃って同じテーブルで食事をするのはごく普通のことでした。
しかし、現在は生活スタイルなどが変わってきたことにより食事の仕方も変わり、中には、子どもに悪影響を及ぼす可能性がある食事の仕方もあるのです。
その食事スタイルを、「こ食」と呼びます。

では、6種類ある「こ食」を順に見ていきましょう。

1:個食

0809
出典:http://kosotatu.jp/

家族揃って食事をしているのに、同じメニューを食べずにバラバラのものを食べることです。
同じメニューを家族で食べることは、協調性が育つといわれています。また、同じものを食べていれば、味の感想などを話し合うことできます。
しかし個食ではそれができないため、協調性が育たず好きなものしか食べなくなることも。

2:孤食

2
出典:http://m-my.co/

文字通り、一人で食事を取ることです。
親と一緒に食事をすれば、食事マナーなども注意できますが、孤食では誰も注意できる人がいないため、マナーが育たないだけではなく好きなものばかりを食べることも多いため、栄養が偏ることもあります。

3:固食

3b5d13c2a512bf98fa9b27742da44e9a
出典:http://www.logophilia.com/

これは、同じようなメニューばかりを食べることです。好きなものばかりを食べ続けることになりかねず、栄養が偏ったりカロリー過多により肥満を招くことも考えられます。

4:小食

2014_7_23_2
出典:http://retirement-on-a-budget.com/

食事の量が少ないことです。
子どもの成長期には、しっかりと栄養を摂取する必要がありますが、食事の量が少ないと必然的に栄養も足らなくなり、体力不足など成長に影響を及ぼすこともあります。

5:粉食

restraunt_shop_bread_01
出典:http://www.keep.or.jp/

パンや麺類などの小麦粉やそば粉といった粉を使った食品を多く摂る食事のことです。
食の欧米化によって粉食は増えているといわれていますが、粉を使った食品の多くは柔らかいものが多いので、噛む力が育たなくなることがあります。
そして、ごはんよりもカロリーが高いものが多いため、カロリー過多になってしまいがちです。

6:濃食

P1015736-530x397
出典:http://www.nihongonoki.com/

濃い味付けの食事を指します。
外で食べる食事やインスタント食品は、思っているよりも濃い味付けになっていることが多いものです。そして、塩分や糖分、油も多く含まれていることもあります。
濃い味付けに慣れてしまうと、薄い味付けでは物足りなく感じてしまいます。子どもは特に、味覚がまだ未熟な時点で濃いものばかりを食べていると、繊細な薄い味付けを感じにくくなることもあるのです。

この6つの「こ食」は、現代の食生活ではよくありがちなものばかりですよね。
子どもの頃からこのような食生活を続けていると、身体の成長ばかりではなく食事のマナーなどにも悪影響が出る可能性があり、大人になってからもその影響を引きずることも十分考えられます。

photo01
出典:http://ikujinoiro-ze.pw/

できるだけ家族みんなで一緒のメニューを食べる、というごく当たり前のことを日常的に続けるだけでも、子どもの成長に役立つものです。
6つの「こ食」を意識して、ご家庭での食事スタイルを見直してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 子育て」カテゴリの人気記事