忙しい朝もイライラしない、身支度コーナーで朝が楽チンに!

ライフスタイル


出典:http://cataso.jp/

子供が幼稚園に行きだすと、普段の家事以外にもお弁当作りをしたりと朝からバタバタと大忙し。子供の身支度に時間を取られていると、あっという間に登園時間になって大慌て、なんていうこともあります。子供が自分で身支度してくれると、忙しいママは大助かりですよね。

幼稚園児でも自分で身支度できる

幼稚園児だからまだ自分で身支度するのは無理だろう、と思ってしまうかもしれませんが、子供は自分が幼稚園に何を着ていくか、何を持って行くか意外にしっかりと分かっています。何から何までママがすべてやっていると、いつまでたっても自分で身支度できるようになりません。幼稚園生になったら、そろそろ自分でやらせてみてもいい頃です。

子供が自分で持ち物の準備ができるようになると、何が必要で何がいらないかという判断力が身につきます。自分で身支度できると、「自分でできた」という自信がついて、自立心を養うことができるのです。

子供でも身支度できる工夫を

3
出典:https://comorie.nifty.com/

幼稚園グッズはなにかとアイテム数が多いので、子供がひと目みただけで分かるようにひと工夫する必要があります。バッグはこっち、ハンカチはあっちの部屋・・・という具合では、子供一人では身支度できません。

幼稚園グッズは普段のものと別にして、ひとまとめにしておく必要があります。リビングでも子供部屋でもいいので、決めた場所に幼稚園用の身支度コーナーを用意しましょう。かごなどを利用して、その中に仕切りを作って、ハンカチ、着替えなどをひと目見ただけで分かるように整理していれておきます。

ラベリングも利用

4
出典:http://cataso.jp/

すぐに見てわかるようにラベリングを利用するのも効果的です。幼稚園児だとまだ上手にひらがなが読めないこともあります。文字だけでなくイラストを一緒につけると、ひと目でどこに何があるかわかるので身支度しやすいですね。

透明ケースですっきり収納

6
出典:http://roomclip.jp/

透明ケースだと中に入れている物が透けて見えるので、中に何が入っているのが分かりやすいです。ラベルを貼る場合も透明のプラスチックケースだとラベルも貼りやすく、はがしやすいので便利です。

収納の高さなど、子供が出し入れしやすい高さになっているか、負担のない重さかなど子供の視点でチェックしましょう。親目線のきれいな収納ではなく、子供が出来る事に合わせた身支度収納にすることが、嫌がらずに身支度を続けてもらうための大切なポイントです。

この機会に家全体の収納を見直して、家族みんなが出し入れしやすく片づけしやすい動線を考えて、整理整頓を見直すのもいいかもしれません。身支度コーナーができたら、一度ママと一緒に身支度をして、お手本を見せてあげましょう。自分でできることが増えるのは子供にとっても、とても楽しくてうれしいこです。身支度できたら思い切り褒めてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事