ほっこりする…。心和むエピソード10選

ライフスタイル

133_20160203_hokkori
出典:http://www.o-uccino.jp

ほっこりと和む話を聞くと疲れた心がふわっと軽くなります。Twitterでは日々心が和むエピソードが投稿されています。
現代社会であまり人と心が和むような話をする機会がないのでは?今回はTwitterから発掘した心和むエピソードを紹介します。

1)カラスの恩返し

カラスに話しかけていたら、キラキラのボタンをくれたなんてまるで物語のようですね。宝物のボタンをくれたのは、話しかけてくれたお礼なのかもしれませんね。

2)父の日

仕事帰りに買い物を頼まれたお父さん。実それは買い物ではなく、スーパーに飾られた1歳の息子さんの絵を見せるためなのでした。
まだ1歳のわが子が書いてくれた自分の絵に感動。
これは聞いているこちらもほっこりしますね。

3)店主と客の絆

3.11のときに、売上なんかを気にせずにお客さんを外へ避難させたご主人。収まってからお客さん全員がお金を払いに来たということで、店主の心意気とお客さんの信頼がゆるぎないことがわかりますね。

4)夫の進化

今でこそ家事分担はよくありますが、10年以上前はまだ家事は女の仕事と思っている人がほとんどだったはず。そんな時代から自分から率先して家事をして、しかも10年かけてまだ進化しつづけているとは…。
理由は「娘に‘家事をする男が当たり前‘と思わせたい」からなんだとか。妻を大切にする男をきちんと選べるように自分が率先してやっているなんて素敵です。

5)地下鉄での話

地下鉄や電車でのマナーがよくテレビでやっていますね。特にお年寄りや妊婦さん、病気の人に席を譲らないことがよくテレビで言われています。
このツイートは老夫婦が乗ってきたときに1列の若者全員が席を譲るために同時に立ったという話。
「私が!」「いや私が!」ってなってたらちょっと面白いですね。

6)噛まずに言えた!

人が一度は言ってみたい「いえ、名乗るほどのものでもないので」という言葉。いざ言えるシチュエーションになっても噛んでしまったり声がうわずってしまったり意外と難しいんですよね。
これを噛まずに言えたらそれはもう気持ちいいんでしょうね!

7)小さい男の子の願い

小さい男の子が運転手さんにしたお願い。言われた運転手さんは気が引き締まりますし、思わず頬がゆるんだのではないでしょうか?

8)近所の中学校にある電話

ある中学校にきたある電話。先生はクレームかとガクブルして聞いたらお褒めの言葉だった…。
これには先生も嬉しいですよね!
この男子中学生たちはしっかりと褒められたのか気になります。

9)この人と結婚して良かったー

おばあちゃんの「この人と生活が出来て良かった」。この言葉にはおじいちゃんも嬉しいでしょうね。
しかも幼馴染同士の結婚っていうのがまたロマンを感じます。

10)優しいおじさま

見た目なんとなく怖そうなおじさま。でもビル裏で野良猫にカリカリをあげている姿が可愛く見えてしまいます。
しかもまた誰にも見られてないと思っているところがいいですね。

いかがでしたか?
Twitterにはたくさんのほっこりエピソードがツイートされています。
ぜひ癒されてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事