デキる人は大切にする♪発想を生む「くつろぎ」の習慣

ライフスタイル

201707-21
仕事がデキる人は、起きてから寝るまで常に全力で働き続けていると思われがちです。

しかし、本当に賢いビジネスパーソンは緩急を心得ているもの。

日々の生活の中に「くつろぎ」を確保することが、発想力を高めることにつながるというのです。

充実とアクティブは違う

dddd
出典:http://リムジンパーティー.com

毎日仕事が終わってからも予定が入っていて、たくさんの人と刺激に触れてアクティブに動き回っている生活も素敵です。

しかし、それが必ずしも充実した生活であるとは言えません。

忙しく動き回るほどに疲労感だけが蓄積していくこともあるでしょうし、多くの人やモノと接することで反対に虚無感に襲われることもあります。

「くつろぎ」はプライベートに

fc2blog_20140418163124a9e
出典:http://suehirokonon.blog107.fc2.com

どんなに仲の良い同僚たちに囲まれて仕事をしていても、本当にくつろいだ気持ちは得られません。

真の「くつろぎ」は、仕事から完全に切り離されている必要があります。

「無」のリラックス状態を持つ

3MegaCam
出典:http://ital-village.com

仕事で何かトラブルや悩みがあるときに、1日中オフィスで頭を抱えても結論が出ないことがあります。

しかし、家に帰ってシャワーを浴びているときや、犬の散歩をしているときにふと解決策が浮かんだりするものなのです。

日常のルーティンとして行っていることはほぼ無意識で、もちろん手足を動かしてはいますが頭の中は「無」に近い状態なのです。

そういう状態が、ひらめきを生みやすいのです。

瞑想する

2009C7AF1B7EE26C6FCC7ADA1A1B5EDB9FEB6B620007
出典:http://agenda2008.seesaa.net

世界中の成功者たちが取り入れていると言われるのが瞑想。その方法をインターネットで検索してみると、いろいろなやり方が紹介されています。

しかし、正解はあなたの中にあります。自分がいちばんリラックスできる方法を見つけましょう。

意識を集中してリフレッシュできれば、忙しい毎日の中の数分でも構いません。

仮眠をとる

17491aa4
出典:http://blog.livedoor.jp

眠気をこらえても生産性はあがらないですよね。近頃では昼寝を推奨する企業も出てきているほど、仮眠の効果には期待が寄せられています。

眠くなったら何の気なしに寝る、というのでなく、時間を決めて短時間で行うようにしましょう。

15分~30分が良いとされています。

始めのうちはうまく寝付けなかったり、目覚めがぼんやりとしてしまったりしがちです。

慣れてくるとすっと入眠してすっきりと目覚められるようになってくるでしょう。

お酒の力を借りる

14
出典:http://potency.jp

はじめのうちは、意識的に無意識になることは難しいですね。深酒は逆効果ですが、適量のアルコールにはリラックス効果があるといわれています。

お酒を口にすることで、仕事とプライベートの切り替えを明確にできるというメリットもあります。

shutterstock_146540765_R
出典:http://tabi-labo.com

発想力はくつろぎ力。自分の時間を大切にできる人こそ、仕事もバリバリとこなせるのかもしれません。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事