妊娠5週目はどんな時期?胎嚢確認!!気をつけたい症状は?

妊娠

ママのおなかの中で着床し、少しづつ成長し始めた赤ちゃん。
「妊娠5週目」では、どんな成長をしているのでしょうか?
4週ではまだ確認できなかった胎嚢は確認できるのでしょうか?

「妊娠5週目」はどんな時期なのでしょうか?

妊娠 おなか パパ ママ

出典:https://cuta.jp/

最終生理開始日が妊娠0週となるので、「妊娠5週目」は、生理予定日の1週間後にあたります。
生理周期が比較的定まっていた方は、生理が遅れているな・・・。
もしかしたら妊娠かもしれないなと気が付く時期ですね。

子宮内では「胚」と呼ばれていた赤ちゃんは、「妊娠5週目」になると「胎芽」が形作られます。
と言っても大きさは大きい子でも2ミリほどの大きさです。
体は小さくても、心臓や呼吸器系、消化器系、目、耳、口、手足など、
たくさんの器官がすごいスピードで作られています。
なんだか不思議ですね。

それでも、赤ちゃんはまだまだ小さいので、ママの外見では大きな変化はなく、
見た目では妊娠に気が付くことはありません。

妊娠検査薬が陽性反応になります!!

妊娠検査薬 陽性反応 喜ぶ夫婦
出典:https://ninsin-akachan.com/

市販されている一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後に使用できます。
「妊娠5週目」のこの時期です。

妊娠検査薬は尿と一緒に排出されたhCGに反応する仕組みなのですが、
hCG濃度が低いと反応しません。
一般的な妊娠検査薬は、hCG濃度が50mIU/mL以上であれば陽性反応が出ます。
「妊娠5週目」には、hCGb濃度が50mIU/mL以上になっていることがほとんどなので、
妊娠反応が出るのです。

「妊娠5週目」で妊娠検査薬が陰性ならば、残念ですが妊娠していない可能性が高くなります。
それでも生理がなかなか来ない場合は、週数がずれていることも考えられますので、
もう1度妊娠検査薬を使用してみるのがおすすめですよ。

「妊娠5週目」胎嚢が確認できます!!

胎嚢確認 妊娠判定
出典:http://blog.livedoor.jp/

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、産婦人科を受診しましょう。
「妊娠5週目」であれば、赤ちゃんを覆う袋である「胎嚢」がエコー検査で確認できます。
胎嚢の大きさは1センチほど。

ただ、妊娠していても排卵日がずれているなどで妊娠週数がずれていると、
エコーで胎嚢が確認できない場合もあります。
その場合、1週間後にもう一度受診することになります。

「妊娠5週目」から妊娠6週目頃になっても胎嚢が確認できない場合、
「子宮外妊娠」ということも考えられます。
「子宮外妊娠」とは、その名前の通り、子宮以外の場所に受精卵が着床してしまっている状態です。
そのまま成長していくと、卵管破裂や多量出血などを引き起こすリスクがあります。
そのため、子宮内で胎嚢が確認されるまでは、病院で定期的に見てもらう必要があります。

早い方ならば、「妊娠5週目」で、赤ちゃんの心拍が確認できることもあります。

☆私は妊娠5週目で病院に行ったときには、胎嚢も「これかなー?」というくらい小さくて、
1週間後に再受診しました。
そして妊娠6週目で胎嚢と心拍確認!!
1週間、不安な日々でしたが、胎嚢を見た瞬間は「妊娠できたんだー!!」
と、目で確認できて、本当に嬉しかったです。

「妊娠5週目」本格的につわりが始まる!

つわり 妊娠5週 吐きづわり
出典:https://woman.excite.co.jp/

「妊娠4週目」頃から、つわりのような症状が現れる方もいますが、
「妊娠5週目」頃からは、妊娠初期症状のひとつである、つわりが本格的に始まる時期になります。
つわりと言っても症状は1つではありません。
よく知られているのは吐き気をもよおす「吐きつわり」。
反対に空腹になると気持ちが悪くなる「食べつわり」というものもあります。
つわりの症状や重さは人によって違いがあり、
全くつわりがない方も、つわりがひどくて入院になってしまう方までいます。

つわりの症状がひどく、日常生活に支障をきたす「妊娠悪阻」は、
全妊婦さんの約0.1%と言われています。
つわりが辛い時には我慢しすぎずに、病院を受診してみてくださいね。

つわり以外の妊娠初期症状は?

つわり 妊娠初期症状 頭痛
出典:http://googirl.jp/

「妊娠5週目」頃になると、つわりのほかにも妊娠初期症状が現れます。

・胸が張る
・熱っぽい
・体がだるい
・眠い
・下腹部痛・腰痛
・便秘・下痢
・頻尿
・情緒不安定
などがあります。

妊娠すると、基礎体温は下がらず高温期がキープされています。
そのため、熱っぽかったり、体のだるさを感じることがあります。
妊娠を維持するために分泌されるホルモンの作用のひとつとも言われています。

おなかの中では小さいとはいえ赤ちゃんが成長し、子宮の血流量が増えることから子宮も重くなります。
子宮を支えている靱帯や子宮広間膜が引っ張られることになり、
そのために下腹部痛や腰痛、胃のムカムカなどを引き起こすようです。

情緒が不安定になったり、涙もろくなるのも妊娠初期症状の一つと言われています。
妊娠初期症状とはどんなものかを知っていれば、
自分で不安になることも少ないですし、周りの人にも理解してもらいやすいですよね。
体や心が辛い時には周りの人に協力してもらいましょう。

出血には注意!!流産の危険性あり

初期流産 出血 腹痛
出典:https://ninsin-akachan.com/

「妊娠5週目」になると、妊娠判定ができますが、
流産などで妊娠が中断されてしまう可能性もあります。

実は流産は珍しいものではありません。
全妊婦の約15パーセントが自然流産を起こすと言われています。
そして、そのほとんどが妊娠12週までの妊娠初期に起こるのです。

この時期の流産の原因は染色体異常がほとんど。
着床前の受精卵からのことなので、ママがどんなに気をつけていても防ぐことができないのです。

流産のサインは出血や腹痛。
少量の出血でもだらだらで続ける場合には、「切迫流産」という状態かもしれません。
出血があれば、早めに受診することをおすすめします。

出産する病院を選ぶ

妊娠 出産
出典:http://ninps.com/

産婦人科ならどこでも出産できるイメージがありますが、
人気の産婦人科などは、妊娠がわかったら早急に分娩予約をしないと、
予約が取れない場合があります。
「妊娠5週目」で、もう分娩?と思ってしまいますが、
妊娠していることがわかったら、どの病院で出産するのかを家族としっかり話し合いましょう。

d51b2602188dce7998adaccf9dffb5fc-480x320[1]
出典:https://192abc.com/

「妊娠5週目」では、多くのママが妊娠判定が出て、喜びを感じられる時期です。
しかし、それと同時に体調が変化したり、将来に不安を感じてしまい、
肉愛的にも精神的にも辛くなってしまうこともあるかもしれません。
そんな時にはひとりで抱え込まず、旦那さまや家族に相談しましょう。

体調がいい日には趣味を楽しんだり、無理のない程度に出かけたりすることで、
つわりや不安もまぎれますよ。

私はつわりでご飯がなかなか食べられませんでしたが、
外食だとおいしく食べることができました。

妊娠が確定し、いろいろな変化に戸惑うこともあると思いますが、
赤ちゃんの成長を楽しみながら、これからのマタニティー生活を楽しんでくださいね。

妊娠4周目はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事