どの出産にもドラマがある!今だから笑える出産エピソード&暴言

妊娠

この世に赤ちゃんが産まれてくる瞬間である、出産。産まれてくる赤ちゃんの方も一生懸命かもしれませんが、赤ちゃんを生み出そうとしているママの方も必死です。必死なだけに、思わぬ暴言や珍行動をしてしまうことも!

そんな出産のときのおもしろエピソードを集めてみました。決して計算された行動や言動ではなく、必死なときだからこそでてしまったものだけに、笑えます。

ママだってはじめての感覚なのです!


助産師さんとのこういったやりとりを、本人たちは真剣にしている姿を想像すると、笑えてきます。確かにどっちを出したい欲求なのかが、わからなくなってくるんですよね。

助産師さんがお尻をおさえてくれると楽だったのを思い出します〜。

痛みのあまり無意識の行動


初めての出産だと特にそうかもしれませんが、自分でも何を言ったのか何をしたのかを覚えていないことがあります。あの激しい痛みも初めての経験ですし、パニックになってしまうママも少なくないですよね。

そばで支えている旦那さんの方も、しっかりと覚悟していないと耐えられないかもしれませんね。

今だからごめんなさい


おしりがゆるくなってしまう人は多いですよね。そんなときはオナラも出ちゃいます。あとで思い出すと赤面ものですが、看護師さんたちは慣れているのではないでしょうかね。

数々の今だから笑える暴言!


看護師さんは冷静ですからね。


痛みが激しくなってくると、なぜ無痛分娩にしなかったのか、後悔しますよね。貧乏が憎くなる気持ち、わかります。


次で出せって言われても冷静に答えてくれた先生。産婦人科の医師はこういった暴言にも冷静に対処できないといけないのですねぇ。


肛門の違和感はすごいものがあるんですよね。出産時の暴言には、肛門がらみのものが多い気がします。。。


声だけ聞いていると、ドラえもんが出産しているイメージが湧いてきてしまったのでしょうか。水田さんだって必死だったのでしょうけどね。


暴言にならないよう配慮ができていたところに、人の良さが出ている感じがします。さすがです。言われた相手も腹を立てることなく、受け入れてくれたことでしょうね。


自分の出産時の音声記録なんて聞いてはいけないものです。

全部我が子の思い出に

出産の痛みは「今まで生きてきて経験したことがない痛み!」と感じるママたちも多いです。それだけの痛みの中なので、たくさんの暴言や奇行が産まれてしまうのは、仕方のなことですよね。

後になってみると笑えますが、どのママもそのときの必死な気持ちは一生忘れないはずです。痛みの中で吐いてしまった暴言や、周りが引いてしまったような行動も、全部我が子が産まれたときの思い出のひとつなのです。

これから出産を迎えるママたちは、自分がどんな暴言を吐いてしまうのか恐怖を感じてしまう人もいるかもしれません。でも、それもすぐに笑える話に変わってしまいます。安心して、たくさん暴言を吐きながら出産の日を迎えてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事