「転職・退職あるある」が勉強になる10選

ライフスタイル

Conceptual signpost with OLD JOB, NEW JOB arrows...
出典:https://samuraisoulinc.jp

社会人が一度は考える転職。転職したいけどなかなか勇気が出ない…。でも今の状況から脱却して幸せになりたい!
Twitterでは転職や退職にまつわるエピソードがたくさん呟かれています。

1)転職はギャンブル

今の職場がブラックで転職して今よりも良い環境で働きたい!そんな風に思うかもしれませんが、次に働く会社がホワイトかどうかは入ってみないとわかりません。
求人内容ではよさそうなことを書いていても実は…なんてことがすごく多いです。
ただし、すでに今の職場がブラックなので、ギャンブルに負けている状態と言えます。

2)スーパーマンを引き抜くチャンスは…

仕事ができるスーパーマンが欲しいけど、こんな年収じゃ募集出しても来ないだろうなと思っている企業さん!実際にはそれと同等、もしくはそれよりも安い賃金で働いているスーパーマンは割と多いのです。
引き抜くチャンスはたくさんあります。

3)ブラック企業疑惑

転職活動や就職活動で選考に落ちるというのはあるある。落ちるとやっぱり少しショックなのですが、通ってもブラック企業なんじゃないかと疑って色々調べたりしますね。
私もよく転職会議とか見たりしました(爆)

4)転職のタイミング

職場に採用された理由が「候補者の中で一番若かったから」。やっぱり若さって大事です。

5)大企業から転職した人の失敗談

大企業はやはりその給料や安定性が強み。でももっと成功したくて成長企業や企業した人の成功談を聞くと転職したくなります。でも転職や企業しても成功するとは限りません。
後になって残ってればよかったと後悔することもあります。

6)コミュニケーション力とは

会社説明会や「求める人物像」としてコミュニケーション力を求められますが、そもそもコミュニケーション力ってなんなのか答えられる企業って意外と少ないです。企業がわからないのに、求職者に求めるのは横暴だと思いますね。

7)退職者が出た理由

残業減らすために「原則17時退社」ではなく「定時を伸ばして残業にならないようにした」という結果、仕事は減らずに給料は減ったという状況に。
そりゃ誰だってやめます。

8)転職の闇

転職サイトに登録すると次々に届く募集メール。私もよく届いていましたがブラック企業と名高い企業ばかりでした…。

9)今の会社の辞め時

社会人になると趣味が無いという人もいますが、何かしら趣味は必ず必要です。趣味はストレス解消や心に余裕を持てる効果があります。
趣味が継続できなくなったら、その会社は辞め時です。

10)転職して良かった!

なんだかんだいっても転職して良かったと思うとこが必ずあります。ブラック企業で絶望してあきらめる前にまず転職活動しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事