妊娠7週目ってどんな時期?母子手帳がもらえる?つわりは?

妊娠

胎嚢や心拍が確認でき、妊娠が確定となる「妊娠6週目」。
「妊娠7週目」になると、妊娠したという自覚がわいてくる変化などがいろいろあります。

「妊娠7週目」ってどんな時期?
体の変化や、赤ちゃんの状態などを紹介します。

「妊娠7週目」はどんな時期なの?

女性 おなか ハート
出典:https://pc.lnln.jp

生理が遅れていることや体調の変化に気が付き、
産婦人科で初診を済ませたというママが多い「妊娠7週目」。

まだ見た目には変化が無く、妊娠していることはわかりませんが、
お腹の中では赤ちゃんはめまぐるしいスピードで成長しています。
赤ちゃんがおなかの中で成長していくために必要不可欠な「胎盤」も形成され始めるのがこの時期。

「妊娠7週目」赤ちゃんの変化は?

妊娠7週 赤ちゃん 胎嚢 エコー
出典:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

「妊娠7週目」に入ると、胎嚢の大きさは1~1.5センチほどに大きくなっています。
だいたいコーヒー豆くらいの大きさです。
エコーではその中に小さい赤ちゃんが確認できるでしょう。

赤ちゃんは頭と胴体が区別され、人間らしい形になってきます。
まだ2頭身で頭が大きいですが、
手や足だけではなく、手のひらも形成され、
目や耳などの細かな部分も形成されてきます。

小さな赤ちゃんの体内では、筋肉の動きをつかさどる小脳が発達してきます。
心臓、肺などの内臓器官もできはじめ、
心臓は力強く動き、全身に栄養を送っています。
「妊娠7週目」になると、心拍が確認できます。
心拍が確認できれば、流産の可能性はある程度低下します。

もし、「妊娠7週目」で心拍が確認できない場合には流産の可能性が高くなります。

「妊娠7週目」ママはつわりがピークになってくる・・・。

つわり 辛い 眠い
出典:http://getnews.jp/

早いママは妊娠5週頃から感じ始める体の変化。
つわりのその一つです。

「妊娠7週目」になると、多くのママが強い吐き気に襲われるなど、
ピークになってきます。
つわりのほかにも、眠気やだるさなどの妊娠初期症状もピークに!

プロゲステロン(黄体ホルモン)も増加し始めるので、
ニキビや吹き出物、乾燥等、肌荒れも起きやすくなります。
精神的に不安定になったり、感情の起伏が激しくなる方もいます。

この時期は心も体も変化し、不安を感じたり辛く感じたりすることもあるかと思いますが、
いつまでも続くものではありません。
今だけだと思って、うまく乗り切っていきましょう。

いよいよ母子手帳がもらえます!!

母子手帳 母子手帳ケース 妊娠
出典:https://192abc.com/

心拍が確認でき、赤ちゃんが順調に育っていることが確認できたら、
医師から母子手帳をもらうように言われます。

私は、「妊娠おめでとうございます!」って、初診の時に病院でもらえるものとばかり思っていましたが・・・。

母子手帳は住んでいる市町村の役所や保健センターの窓口でもらうことができます。

母子手帳には、妊娠の経過、母体の状況を書き込むことができ、
出産後の赤ちゃんの様子、成長の記録、予防接種の状況なども記録していきます。
妊娠確定から赤ちゃんが大きくなるまで長く使用するものです。
早めに手続きをしてもらい、大切に管理しましょう。

母子手帳ケースもいろいろなデザインのものがあるので、
お気に入りのケースを見つけるのも楽しいですよ!

「妊娠7週目」食事で気をつけたいこと

食事 栄養バランス 妊娠 女性
出典:http://breast-up.net/

つわりが本格化してきた「妊娠7週目」。
つわりがひどいと、食事をとるもの難しくなりますよね。
食事がとれないと、おなかの中の赤ちゃんの成長に影響が出るのではと不安になりますが、

この時期は赤ちゃんの心拍が確認できていれば心配ありません。
つわりがひどいこの時期は、食べられるときに食べられるものを少しづつ食べるようにしましょう。

あまり食べられないのであれば、できるだけ栄養価が高いものを・・・。
と考えるママもいるかもしれませんが、気をつけたい食べ物もあります。

例えばレバーは、ビタミンA(レチノール)を多く含んでいます。
ビタミンAは、抵抗力を高めてくれたり、皮膚の健康に欠かすことのできない栄養素ですが、
妊娠中に過剰摂取すると、赤ちゃんの奇形の発症率を高めてしまうと言われています。
妊娠中には気をつけたい栄養素です。

「妊娠7週目」は、器官形成期と呼ばれ、赤ちゃんの大切な器官が作られる時期です。
妊娠初期は栄養素が偏らないように、バランス良い食事を心掛けたいですね。
赤ちゃんへの悪影響を避けるためにも、食事には気をつけましょう。

妊娠 ママ 赤ちゃん 木 文字
出典:https://www.tsuwari-hanako.com/

「妊娠7週目」でそれほどつわりがひどくない方も、
これから突然重い症状になることもあります。
一般的には12~16週頃にはおさまると言われていますが、
もっと長く続き場合もあります。
水分はしっかり取るように心がけ、たべられそうなもの、飲めそうなものを見つけておくといいですね。

体調が悪いと、不安になるし、これからずっと不調が続くのかと不安になりますが、
いつかは必ずおさまります。
無理をし過ぎず、ゆったりと過ごしてください。

心拍が確認できれば、流産の確率が低下しますが、
妊娠初期は流産が起こりやすい時期です。
出血や腹痛があった場合には病院を受診しましょう。

私は、「妊娠7週目」は切迫流産と診断され、出血が続いていて不安な毎日でした。
つわりもあって、思うように動けず、泣いてばかり。
精神的にも不安定でした。
切迫流産と言われても、その後は赤ちゃんを無事に出産しましたよ。
この時期は無理をせず、焦りすぎず、周りに協力、理解してもらいながら穏やかに過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事