妊娠8週はどんな時期?つわりは緩和できる?マタニティーウェアはいつから?

妊娠

「妊娠8週目」は、月単位で言うと妊娠3か月の第1週にあたります。
つわりが始まったママも多い時期ですが、
「妊娠8週目」は、どんな状態になっているのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんもぐんぐん成長しています。
「妊娠8週目」のママと赤ちゃんの状態を紹介します。

「妊娠8週目」ってどんな時期なの?

妊娠初期 おなか ママ
出典:https://ninsin-akachan.com/

「妊娠8週目」は、つわりがピークの時期でもあります。
早い方は妊娠5週~6週頃から始まっているつわりですが、
8週頃は、吐気がおさまらなかったり、常に胃がむかむかしていたりと、
辛い状態が続き、心も体も疲れてきているころかもしれませんね。

つわりは、妊娠12週頃まで続くことが多いようなので、
先はまだ長いですが、いつかは必ず終わります。
つわりがあるのは、おなかの中の赤ちゃんが成長している証でもあります。
無理はせず、食べられるものを少しづつ食べ、乗り切りましょう。

なかには、つわりの症状が全くないという方もいますが、
つわりがないからと言って赤ちゃんが成長していないわけではないので心配しないでくださいね。

「妊娠8週目」のママは、まだ外見では大きな変化がないので、
見た目では妊娠しているかの判断が難しい時期です。
つわりなどで体調がすぐれずに、仕事に影響が出る場合などには、
上司などに報告しておくと安心ですね。

つわりを緩和する食べ物を試してみよう

バナナ つわり 緩和
出典:http://daphnecaruanagalizia.com/

ピークを迎えている「妊娠8週目」。
吐き気や胃のムカムカで思うように食事がとれず、
赤ちゃんに栄養が届いているのかと不安になっているママもいると思います。
この頃の赤ちゃんは卵黄嚢と言う細胞から栄養を吸収しているので、
ママが食事をできていなくても、赤ちゃんは成長できます。

とはいっても、食事ができないのはママ自身も辛いですよね。
そこで知っておきたいのが、「つわりを緩和する食べ物」です。

ビタミンB6には、つわりの症状を和らげてくれる効果があると言われています。
バナナやあさり、玄米などにビタミンB6が豊富な食材です。
食事をとりながらつわりを緩和できるかもしれないので、
是非試してみてくださいね。

「妊娠8週目」の赤ちゃんは?

妊娠8週目 赤ちゃん エコー かわいい
出典:http://blog.livedoor.jp/

「妊娠8週目」の赤ちゃん。
これまでは「胎芽」と呼ばれてきましたが、いよいよ「胎児」と呼ばれるようになります!
「妊娠8週目」を境にして、人間の体に必要な構造が出来上がり始めるのです。

胎嚢は3センチほどに成長。
胎盤も機能しはじめ、ママからの栄養を受け取れるようになってきます。

まだまだ豆粒のようにしか見えない赤ちゃんですが、
もう手足は伸び、しっぽのようなものも見えなくなり、顔のパーツも形成されます。
「妊娠8週目」の終わりころには、唇や歯も出来てくるんですよ!

マタニティーウエアはいつから必要?

マタニティーブラ いつから 楽ちん
出典:https://fril.jp/brand/

まだ見た目には大きな変化はない「妊娠8週目」。
とはいえ、胸がすこし大きくなったり、おなか周りがすこしだけふっくらするママも。
これまでタイトな服装や下着をつけていた方は、
「あれ?ちょっときついかな?」と感じるかもしれません。

体を締め付けていると、つわりを悪化させてしまうこともあるので、
マタニティーパンツやブラを使い始めることをおすすめします。

マタニティーの下着は、授乳期まで長く活躍してくれます。
最近は、オシャレなデザインのものもたくさんあるので、
自分の好きなマタニティーウェアで、心も体もリラックスさせてくださいね。

※妊娠初期と妊娠後期では、バストの大きさがかなり違ってきます。
妊娠初期に購入したマタニティーブラがきつく感じることも出てくるでしょう。
その時期に合ったマタニティーブラをつけるようにしてくださいね。

※つわりがひどかった私は、普通のブラジャーが苦しくて、
早い段階でマタニティーブラを購入しました。
締め付けが無くなるだけで、かなり楽になりましたよ。
おすすめです。

「妊娠8週目」気をつけたいことは?

足 女性  血流
出典:http://konatoki.com

・静脈瘤

静脈瘤は妊娠中に気をつけたいことのひとつです。
ふくらはぎや太もも、ひざ裏などの血管の一部分が、こぶのように膨らむ症状です。
妊娠中は血液量が増加し、体重増加で足の血管に圧力がかかります。
妊娠中に分泌される黄体ホルモンの影響で、下半身に血液が溜まりやすく、
これも静脈瘤ができやすい原因のひとつです。

長時間の立ちっぱなし、足を組んで座るなどは、静脈瘤になりやすいと言われているので、
日々、姿勢には気をつけ、入浴や適度な運動で血の巡りをよくし、
予防しておきたいですね。

・感染症

妊娠中は、赤ちゃんを守るため、免疫機能が弱まっている時期です。
そのため、最近やウイルスに感染しやすい時期なのです。

時に気をつけたいのは、トキソプラズマです。
トキソプラズマに感染すると、胎児にも悪影響を及ぼす危険性があります。

胎児に悪影響を及ぼす可能性がない感染症でも、
インフルエンザなどに感染すると症状が重症化しやすいうえに、
自由に薬が使用できないので、治療に時間がかかってしまうことも考えられます。

毎日の生活で、手洗いうがいなどをしっかりし、身の回りの清潔に保ち、感染症を予防しましょう。
体調が悪いと感じたら、早めに医師に相談することも大切です。
産婦人科以外を受診するときには、妊娠していることも忘れずに伝えましょう。

枕を抱える女性 ベット リラックス
出典:http://news.ameba.jp/

つわりのピークで辛い毎日を送っているママも多い「妊娠8週目」。
赤ちゃんはおなかの中で成長し、赤ちゃんの形もはっきりしてきているので、
エコーで姿が見えた時には愛おしさも増してくる時期です。

家事や食事などは無理をしすぎないようにし、
リラックスして過ごすようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事