脳が関係している!?子どもの寝相が悪い原因&対策法とは?

子育て

寝相が悪い 子供 原因出典:https://www.todaysparent.com

小さいお子さんと一緒に添い寝をしていると、突然顔を蹴られたり、朝起きたらお子さんだけ逆の方向を向いて寝ていたときがあった・・など、寝相が悪いお子さんに日々悩まされ、安心して眠れずにお困りのママも多いはず!

一体、どうして子どもは大人に比べて何倍も寝相が悪いのでしょうか?

それには、いくつかの原因があると言われているんです。

今回は、子どもの寝相が悪い原因についての驚きの真相と、知っておくと便利な寝相対策法をご紹介します。

子どもの寝相が悪い原因は脳の動きが関係していた?

寝相が悪い 子供 原因出典:https://thriving.childrenshospital.org

子どもの寝相が悪い原因の一つとして挙げられるのが、体では眠っているつもりでも脳は活発に動いている「レム睡眠」によるもので、幼いお子さんは、睡眠中にこれまでに体験したことを復習して脳に記憶させているんです。

人間は睡眠時、「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」を交互に繰り返します。

子どもは大人に比べるとレム睡眠の時間の割合が多いとされ、寝相が悪くなってしまうのは、主に脳が動いているときに起こるとされているからなんです。

寝相が良い方が逆に危険!

寝相が悪い 子供 原因出典:http://www.huffingtonpost.com

寝相が悪いのは脳がちゃんと活発に動いている証拠なので、特に矯正する必要はありません。

しかし逆に、寝相が良い子どもの方が脳や神経に問題がある場合があるので、注意が必要です。

暑くて寝相が悪い場合も!

寝相が悪い 子供 原因出典:https://www.youtube.com

布団をよく払いのけたりする子は、単に暑いだけという場合もあります。

特に子どもは汗を大人よりもかきやすいので、薄い布団を用意するなどして対策しましょう。

すぐにできる寝相対策!

寝相が悪い 子供 原因出典:http://www.eurobus.jp

寝相が悪いとすぐに布団からはみ出てしまい、夏はいいですが冬場は心配になりますよね。

3歳くらいまでのお子さんには、布団1枚分の温かさがあるスリーパーの使用がおすすめです。

また3歳以上の子には、厚めのパジャマを着用したり、腹巻でお腹を冷やさないようするなど、十分な防寒対策をしてあげてください。

寝相が悪い 子供 原因出典:http://www.bedroomfreshdecor.com

さらに、一緒に寝ている子どもにいきなりパンチやキックをされないようにするには、自分と子どもの間に大きめのクッションを置けば、ダメージが少なくなります。

また、ベッドで子どもと一緒に寝ている場合は、落下を防ぐために高めの柵を設置するのがおすすめですよ。

いかがでしたか?

寝相が悪いのは健康の証でもあり、成長していくにつれて自然と寝相は良くなってきます。

一緒に寝ている親からすると突然キックされたりするので不安な気持ちになるかもしれないですが、徐々に落ち着いてくるはずなので温かく見守ってあげて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

子育て」カテゴリの人気記事