幸せな結婚がしたい!結婚に向かない男の5つの見極め方

恋愛

1
出典:https://www.glitty.jp/

いつかは結婚したいなぁと思っているあなた。今付き合っている彼は結婚に向いていると思いますか?

恋愛と結婚はまったく違います。恋愛は楽しいだけでよくても、結婚相手は生涯を共にする人です。一緒に家族を作り毎日生活をしていくわけですから、結婚相手として最適かどうか、結婚に向いているかどうか見極める目が必要です。相手が結婚相手としてはどうか、見極めるポイントを紹介します。

お金の管理ができない

結婚は毎日の生活ですから、きちんとお金の管理ができるかどうかは重要です。自分の好きなことにお金を使って貯金ゼロ、なんていう人は結婚を考える相手としてはほど遠いと言えます。

結婚式や新婚旅行、結婚後の新居などを考えるとやはり貯金は必要です。結婚後の毎日のやりくりも上手くできない相手ではやはり困るので、金銭管理がしっかりしている相手かどうかは大切です。もちろんギャンブル好きなんてもってのほかです。

交友関係が派手

女友達が多かったり、浮気性の男性は結婚には向いていません。一人に縛られるのが嫌な性格だと、結婚後もほかの女性に目移りして浮気の心配が絶えません。女性に限らず同性の友達ともよく出かけて、おごるのが好きだったり、趣味にお金をかけすぎる人も家族を大切にするという感覚が欠けている傾向にあります。友達が全くいないのも考えものですが、結婚後は夫婦生活のことを考えて、バランスのいい交友関係を保ってくれる人がいいですね。

距離の取り方がうまくできるか

一人の時間を極端に大切にして一人で過ごしたがったり、逆にずっとべったりと一緒にいたがったりと、相手との距離の取り方が上手くできない人は一緒にいると疲れてしまいます。毎日の生活ですから、パートナーとの距離の取り方が上手くできるかどうかで、結婚生活は大きく変わります。

たまには一人でリラックスする時間も必要ですし、一緒に過ごして楽しむ時間も大切です。バランスの良い距離感を保てる相手が理想ですね。

2
出典:https://machicon.jp/

柔軟な考え方ができるかどうか

こだわりがあるのは悪いことではありませんが、それが度を超すと一緒にいるのが窮屈になります。頑固で頭が固い人は自分のこだわりやスタイルに固執して、相手もそれに合わせようとします。長い結婚生活なのに、毎日相手に合わせて気を使っていてはストレスがたまってしまいます。

状況によって柔軟に対応して、相手の考え方やスタイルにも協調し尊重してくる人は結婚生活に向いています。

我慢と妥協ができる人

結婚生活は我慢と妥協の連続だ、なんて言いますが実際それは本当です。生まれや育った環境が違う他人が一緒に暮らすわけですから、些細なことで喧嘩したり意見が違ったりは日常茶飯事です。

それを乗り越えていくには我慢と妥協が必要になります。もちろん結婚は我慢と妥協だけではなく、相手を思う気持ちと愛情、尊重する気持ちがあればこそ成り立つのですが、妥協したり我慢ができない人は長い結婚生活を続けていくには難しい相手と言えます。

結婚するより、結婚を続ける方が格段に難しいのです。幸せな結婚を手に入れるためにも、相手を見極めるのも大切ですが、自分が結婚に向いているかどうかを見つめなおすことも大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事