妊娠11週目ってどんな時期?妊婦健診の回数は?つわりは?

妊娠

妊娠3か月の最後の週「妊娠11週目」。
妊娠前と比べて子宮も成長し、おなかも少しだけふっくらとしてきます。

これまでは1週間に1度や2週間に1度のペースで産婦人科に通っていたと思いますが、
これから妊婦健診はどうなるのでしょうか?
赤ちゃんはどんな成長をしているの?

「妊娠11週目」のママや赤ちゃんの状態を紹介します。

「妊娠11週目」ってどんな時期?

夫婦 ハート 笑顔 妊娠報告
出典:http://select.mamastar.jp/

「妊娠11週目」の子宮の大きさは、大人の握りこぶしほどの大きさ。
大きくなりましたね。
お腹をさわると少しふっくらと膨らんでいるのがわかるようになります。
ピタッとした服を着ていると、周りに人にも気が付かれることもあるかもしれませんね。

胎盤も順調に成長を続けており、完成ももうすぐ。
胎盤が出来上がるとママの基礎体温が高温期から低温期に移行します。

つわりは、落ち着いてくるママが出てくる頃。
妊娠12週頃から、症状が全くなくなるというママが多いようです。
これまではつわりが辛くて思うように食事ができなかった方は、
つわりが落ち着いて、食欲が増すかもしれませんが、
食べ過ぎには注意です。
急激な体重増加は、母体や赤ちゃんに悪影響を与えてしまうこともあります。
分娩時に難産になる可能性も高まるのです。

つわりから解放されたら、次は体重管理を心掛ける必要があります。
バランスの良い食事をとりたいですね。

「妊娠11週目」の赤ちゃんは?どのくらいの大きさ?

hqdefault[1]
出典:https://www.youtube.com/

「妊娠11週目」は、赤ちゃんは9センチほどに成長しています。
体重は20gほど。
これまでは2頭身でしたが、3頭身に近づいてきています。
顔のパーツはほとんど出来上がってきています。

「妊娠11週目」の赤ちゃんは、腎臓が出来上がっているので、
ママのおなかの羊水を飲みこみ、膀胱から尿を排泄できるようになりました。
おなかの中でおしっこをしているのです。
おしっこをしていると聞くと、羊水が汚れているのでは?と気になるかもしれませんが、
羊水の中の老廃物は、へその緒を通じてママの体に排出されています。
羊水は絶えず入れ替わっている状態なので、赤ちゃんに害はありません。
また、赤ちゃんのおしっこに老廃物は含まれていません。

妊娠10週目までは腸はへその緒に収まっていましたが、
「妊娠11週目」になると、赤ちゃんの下腹部へ移動し、消化の練習が始まります。
膵臓や胆嚢などの、消化に関係する臓器も成長をしています。

「妊娠11週目」を過ぎると、妊婦健診の頻度は?

妊娠 妊婦健診 エコー
出典:https://tamagoo.jp/

「妊娠11週目」までは、まだ胎盤は未完成。
不安定な状態だったため、妊婦健診の頻度は2週間に1回でした。
心配なことがあるママは、1週間おきだったり、もっと病院に通っていたかもしれませんが・・・。
しかし、妊娠12週以降は安定してくるので、妊婦健診の頻度は4週間に1回に!
4週間も妊婦健診がないとちょっと不安に感じてしまうかもしれませんが、
赤ちゃんが順調に成長している証拠です。
4週間後、赤ちゃんがどれだけ成長しているかも楽しみにしていましょうね。

病院によっては、妊娠12週目以降も2週間に1度のペースで妊婦健診を受けるように言われることもあります。
病院や医師によって方針は違ってくるので、医師の判断にしたがってくださいね。

また、妊婦健診は4週に1度になっても、不正出血や腹痛などの異常があったり、
不安なことがある場合には、頻度にこだわらず、病院に相談しましょう。
状態により、検診の頻度も変わってきます。

「妊娠11週目」頃の妊婦健診、何をするの?

妊婦健診 血液検査 風疹 血液型
出典:http://bilyoukizilyouhoumatome.com/

妊娠初期の妊婦健診では、血液検査が行われます。
血液検査では、ママの病気や体質などを知ることができ、
母子感染を予防したり、トラブルがあったときにも対処しやすくなります。

妊娠初期の血液検査の検査項目は、
血液型、B型肝炎・C型肝炎、風疹ウイルス、HIVの抗体検査など、
かなりの項目数となります。
そのため高額になることが考えられます。
保険が適応されても1万円以上かかることもあるので、
事前に医師に血液検査をする日を聞いておくと安心ですね。

「妊娠11週目」流産のリスクもかなり低下!

女性 ホッとする お茶を飲む
出典:http://macaro-ni.jp/

妊娠初期の流産の大きな境目は妊娠12週。
流産が起こるのは、妊娠全体の8~15パーセントと意外に多く、
妊娠週別では、妊娠5~7週が22~44パーセント。
妊娠8~12週が34~48パーセントですが、
妊娠13週を超えると6~9パーセントと、流産の確率がぐっと下がるのです。
これまで不安を感じていたママも、少しだけ安心できますね。

妊娠初期の流産は、胎児の染色体異常や発育不全などが原因。
どんなにママが気をつけていても防げない場合がほとんどなのです。
しかし、切迫流産と言われた時には、安静にしたりすることで流産を防げる場合もあります。
もし、腹痛や出血があった場合にはすぐに病院に相談するようにしましょう。

※私は2度の妊娠で、どちらも「切迫流産」と言われました。
妊娠初期に出血し、自宅安静と言われました。
自宅安静といっても、いろいろありますが、私はそれほど切迫したものではなく、
無理はし過ぎず、出来るだけ家事などはせずゆったり過ごすというもの。
2人目のときには、母に来てもらって上の子を見てもらっていました。
状態によっては、トイレ以外はベットで過ごすように言われる場合もあるようなので、
安静とはどれくらいのことを言うのか、医師に確認すると安心ですよ。

夫婦 男性 女性 安心 笑顔
出典:http://woman.excite.co.jp/

「妊娠11週目」は、つわりが治まるママが増えてきたり、流産の心配も少なくなってきます。
かなり個人差はありますが、ママの体調や気持ちも安定してくるのではないでしょうか?
一般的に「安定期」と呼ばれる妊娠16週目はもう少し先になりますが、
少しだけほっとできる時期ですよね。

とはいえ、無理は禁物。
ゆったり、無理せずに過ごしてくださいね。

妊娠10週目はどんな時期?つわりもおさまってくる?食生活は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事