子育てのアドバイスがたくさん!ためになる子育てツイート10選

ライフスタイル, 子育て

shutterstock_326363600-20160418211849-500x334
出典:https://wooris.jp
子育ては楽しいと思えることがたくさんある反面、つらい、イライラするなど、負の感情が沸き起こってしまうこともあります。

1人で思い悩んでしまうママも多いですが、そんなときはぜひツイッターなど、いろいろな人の子育て話に耳を傾けてみてください。

悩んでいるのは自分だけじゃなかったんだ!とほっとしたり、今後の子育てに役に立ってくれそうな話など、育児に関するためになりそうなつぶやきにたくさん出会えるでしょう。

そんな子育てに関するお役立ちツイートをご紹介します!

母ならみな共感!子育て中の旦那の存在


これは私も心から共感できます。「今日は飲み会だから」と言えちゃう旦那。妻が出かけることができるとしたら、子守を頼める相手がしっかり確保できて、しかも子の体調が万全なときに限られて、自分で好きなときに好きな所に出かけるなんてことができないのです。それに対して旦那側は自分の時間を自分で好きに使えるっていう。
イライラを抑える方法があるなら私も知りたいです!


これもわかりますよねぇ。子どもに手がかかるときに、なぜ旦那の扱い方にまで気を配らなくてはいけないのでしょうか。

「旦那は大きな子ども」なんて懐の深い奥様達もいますが、産んだ覚えのない子どもまで育てたくはないのです。


これも切実ですね。子育てに手出しができないなら、せめて妻をねぎらうことぐらいしてほしいと願うのです。誰かに褒められたくてやっているわけではないですが、やはり子育てをがんばっている自分を誰かに認めて欲しいという欲求は、やはり母親でもあるということでしょうね。

いつも心の片隅に置いておきたい言葉


短い言葉ではありますが、こうした解釈ができる、深い言葉ですね。世間で立派といわれる子どもを育て上げた母親だったとしても、そんな母親だからこそ、自分の子育てには満足しないのでしょうね。

子育てに悩んでいる自分は間違っていない、ということです。


迷子になりやすい、人の多い行楽地に行った時、これはぜひ覚えておきたい対策ですね。何色の服を着てますか?と聞かれたとき、撮影しておけばすぐに画像をみてもらうことができますし。

チョロチョロ世代を育てているパパ、ママは覚えておきましょう。


子どものことを全て知っている母親が良い母親、とは限りませんよね。子どもには子どもの世界がありますし、母親、父親にもそれぞれ自分の世界があるものです。

全部知ることと相手を理解することはまた違うお話なのでしょうね。

子育て中役立つちょっとした知恵


ヴェポラップは子育て世代には必須アイテムのひとつですが、咳が苦しい時は足の裏に塗ると良いとは知りませんでした!

足の裏に塗ってさらに靴下で温めるとさらによし、というサイトもありました。ぜひ試してみたいですね。


男の子のママならこれはわかりますよね。ただお手伝いをさせるよりも「困っているママを助けて」という方向でお願いすると、案外すんなり手伝ってくれます。

「俺が守る!」という男の本能?を刺激しながら子育てすると、楽になる場面もあります。


ゲームばかりやってる子には、もはやこういった説明じゃないと理解してもらえないのかもしれませんね。なんでもゲームに例えるのに抵抗のある人もいるかもしれませんが、子どもの頭ではやはり理解しやすいようです。


寝グズがひどい時期は、テレビつけろーと大騒ぎして、なかなか寝てくれないことがありますよね。

なるほど、テレビも眠る時間なんだと教えてあげれば納得してくれるのですね。

子育てする上でのヒントにしよう!

lgf01a201405230800
出典:https://kosodate-mikata.com
子育てで悩みにぶつかったとき1人だけで悩んでしまうと、どんどん闇に引き込まれてしまうことがあります。

相談したり話を聞いてくれる誰かと会う時間をつくることすら難しい子育ての毎日。子どもがお昼寝しているつかの間の時間に、ツイッターの世界をのぞいてみると、誰かのちょっとした言葉から、悩みがパッと明るく解消されることがあります。

少しでも気持ちを軽くして子育てできるよう、たまには誰かのツイートを参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 子育て」カテゴリの人気記事